BBC News

2016年11月15日

»著者プロフィール

私たちは何かに触れると自分の痕跡を残す。どれだけ入念に手を洗っても、自分から身の回りの物に、分子、化学物質、細菌などが付着する。そうやって携帯電話に付着した分子を調べたところ、持ち主の健康状態やライフスタイルについて驚くほどの情報が得られることが分かった。

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームによる研究論文が14日、米国科学アカデミー紀要(PNAS)のウエブサイトに掲載された。

研究チームが成人40人の携帯電話から採取した500種類の標本を調査したところ、カフェインや香辛料、スキンクリーム、抗鬱剤などの残留物が検出された。質量分析法を使用して分子を既存のデータベースと照合し、携帯電話の持ち主の「ライフスタイル・プロフィール」を作成で調べたところ、性別を皮切りに実に多種多様なことが判明したという。

研究チームのアミナ・ブスリマニ博士によると、「携帯電話に残された分子を調べると、たとえば持ち主が女性で、高級化粧品を使っていることや、髪を染めていて、コーヒー好きで、ワインよりもビールが好きで、辛い食べ物が好きなこと、うつの治療を受けていること、日焼け止めと虫除けスプレーを使っているのでつまり屋外にいることが多いなど、実にいろいろなことが分かる」。

ほとんどの分子は人間の皮膚、手のひら、汗を通じて携帯電話に付着すると考えられている。

中でも虫除けの薬剤や日焼け止めは、使ったのが数カ月前のことでも、皮膚や携帯電話の表面に長く残っていることが分かった。

同じ研究チームの以前の調査では、3日間ずっと顔や体を洗わなかった人でも、身だしなみ製品や美容製品の残留物が肌に残っていることが明らかになった。

研究報告はこの調査手法によって――

・指紋がなくても所持品の持ち主が特定できる

・患者が薬を飲んでいたか確認できる

・公害に汚染されている程度を知ることができる

――など、意義を説明している。

研究チームは今後、人間の皮膚を覆う無数の常在菌を調べ、人間について何が分かるかを調査していく方針という。

研究論文の筆頭著者ピーター・ドレスタイン教授によると、人間の皮膚には一般的に平均1000種類以上の微生物が数百カ所にわたって生息しているという。

(英語記事 Molecules found on phones reveal lifestyle secrets

提供元:http://www.bbc.com/japanese/37985101

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る