海野素央のアイ・ラブ・USA

2016年11月30日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

 クシュナー氏も父親チャールズ氏の不動産開発事業を引き継ぎ、ニュージャージー州からマンハッタン区に打って出ます。それが功を奏し、クシュナー氏は実業家として名声を得たのです。トランプ氏は、若き頃の自分と現在のクシュナー氏を重ね合わせているのです。

政権入りは可能か?

 クシュナー氏に対する特別な思いを寄せるトランプ氏ですが、1967年に制定された「反縁故法」が障害になっています。同法によれば、「公職者は自分が務めている政府機関に親族を任命、採用及び昇格をさせてはならない」となっています。公職者とは大統領、親族は娘婿を含みます。

 ただ過去にはビル・クリントン元大統領がファースト・レディのヒラリー氏を医療保険制度問題特別専門委員会の委員長に任命した例があります。このときは、「反縁故法」がホワイトハウスや大統領府のスタッフには適応しないという判決が下されました。

 トランプ氏は反縁故法の存在にもかかわらず、中東政策に関心があるクシュナー氏を特使、上級アドバイザーないし特別顧問として採用する道を探っているのではないかと思われます。選挙期間中、トランプ選対はまるで同氏、「トランプ・チルドレン」並びにクシュナー氏による家族経営のようでした。米国民は、ホワイトハウスまでも家族経営になると「私物化」と見なして好ましいものと捉えないのではないかと筆者はみています。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る