BBC News

2017年1月5日

»著者プロフィール

バラク・オバマ米大統領は4日、連邦議会を訪れ、民主党議員らに対して、医療保険制度改革法(オバマケア)の維持に力を尽くすよう求めた。3日に招集された新たな議会で多数を占める共和党は、オバマケアの撤廃に向け動き始めている。

大統領が議会に足を運ぶのは稀。オバマ大統領は、民主党幹部らと非公開で約2時間にわたり、会合したた。

一方、マイク・ペンス次期副大統領も議会で共和党議員らと話し合い、オバマケアの撤廃を進める考えをあらためて表明した。

2010年に成立した医療保険制度改革法によって、無保険者が推計2000万人減少した。しかし、保険料が上昇したほか、大手保険会社が制度から脱退したことで、国民の選択肢が少なくなるという問題も生じていた。

オバマ大統領との会合を終えた民主党のイライジャ・カミングス下院議員(メリーランド州選出)は記者団に対し、オバマ政権最大の内政成果を守るため、議員たちに「戦うよう促した」と述べた。

会合に出席したほかの議員は、共和党が約10年ぶりに上下両院の多数を占めるなか、オバマ大統領が民主党議員らに「がんばるよう」求めたと語った。

上院では同日、オバマケア向けの政府支出を停止する決議を賛成51票、反対48票で可決した。

上院民主党のチャック・シューマー院内総務は、オバマケアの撤廃は保険市場を混乱させると警告。ドナルド・トランプ次期大統領が選挙スローガンとしていた「米国を再び偉大にする」を皮肉って、撤廃は「米国を再び病気にする」と批判した。

しかし、議員らとの会合を終えたペンス次期副大統領は、「市場原理に基づく改革医療保険制度へ、スムーズに移行させる」と述べた。

ペンス氏は、トランプ次期大統領と新たな議会にとって、オバマケアの撤廃は「最優先事項」だと語った。

共和党のポール・ライアン下院議長は、医療保険制度改革について、「計画を持っており」、「たくさんアイデアがある」と話した。共和党はこれまで、オバマケアの全面撤廃や一部の変更を目指す案を50回以上、採決にかけてきた。

しかし、ライアン、ペンス両氏のほか、上院共和党のミッチ・マコネル院内総務が開いた2回の記者会見では、共和党が提案する新しい医療保険制度についてほとんど詳細は明らかにされなかった。

ホワイトハウスのジョシュ・アーネスト報道官は、「議会で最も雄弁な共和党関係者の1人が(ライアン)下院議長だが」、「今日の記者会見では、なぜ共和党が代替案を提示していないのか説明できなかった」と批判した。

今月20日に大統領に就任するトランプ氏はこれに先立ち、共和党は「オバマケア大失敗の責任は民主党に負わせるよう、慎重に対処しなくては」とツイートした。トランプ氏は、オバマケアが「自滅する。慎重になろう!」と呼びかけた。

オバマ政権は4日、2017年には880万人が新たにオバマケアに基づく医療保険に加入しており、1年前よりも20万人増えたと発表した。

トランプ氏は選挙期間中、オバマケアを批判し、「ずっとましで、ずっと安い」制度に変えると約束していた。

しかし当選後のトランプ氏はオバマ大統領と会談後、現行制度の人気のある部分は維持すると約束した。

トランプ氏は、既往症を理由にした保険加入拒否を禁止する規則は好きだと評価していた。


オバマケアの概要

・医療保険の加入者を2000万人拡大

・すべての米国民に医療保険加入を原則義務付け

・政府が管理する「医療保険市場」で保険購入

・従業員数50人以上の事業者には、従業員への医療保険提供を義務付け

・既往症も保険対象に

・26歳未満は親の保険の対象にできる


(英語記事 Obama urges fellow Democrats to fight for Obamacare

提供元:http://www.bbc.com/japanese/38515206

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る