BBC News

2017年2月1日

»著者プロフィール

シリアで過激派組織のいわゆる「イスラム国」(IS)の掃討作戦のため、民兵組織に参加していた英国人戦闘員が、ISの捕虜にならないために自ら命を絶っていたとみられることが、1日までに明らかになった。クルド人勢力筋がBBCに語った。

ウェスト・サセックス州チチェスター出身のライアン・ロックさん(20)は、少数民族クルド人の民兵組織「人民防衛隊」(YPG)に志願し、戦闘に参加していた。ISの主要拠点ラッカへの攻撃が行われていた先月21日に死亡したという。

YPG関係者はBBCに対して、「あごの下に銃痕があった」と語り、自殺を示唆した。

関係者らによると、ジャバル村で5人の戦闘員がISに包囲され、「かなり抗戦した」ものの制圧されたという。

遺体を回収した後の調査で、「英国人戦闘員はISIS(ISの別称)の捕虜にならないために自殺したとみられる」ことが分かったという。

一部報道は、「銃があごの下に接触した後があった」とし、「戦闘員が自殺したことが示唆される」と伝えた。

クルド人を支援する活動家でウェブサイト「KurdishQuestion.com」を運営するマーク・キャンベル氏はBBCに対し、「ライアン・ロックさんはISISに捕虜にされるのを避けるため、銃を自分に向けた可能性が高い」とし、「このような行動に必要な勇気を表現する言葉が見つからない。ライアンさんは、予見できた恐怖のプロパガンダを実施するチャンスを、ISISから奪った」と述べた。

調理師として働いていたロックさんは、昨年8月にシリアに渡航。家族や友人にはトルコに旅行に行くと語っていた。

父親のジョン・ロックさんはBBCに対して文書で、「ライアンについて非常にショックな知らせを受けた後、特に遺体の帰国をめぐる困難など、かなり辛い時を過ごしてきた。YPGが彼の遺体を取り戻してくれたことに感謝する」と述べた。

英外務省は国民に対して、シリアへの全ての渡航を控えるよう勧告している。

(英語記事 Briton Ryan Lock 'killed himself' to avoid IS capture

提供元:http://www.bbc.com/japanese/38824318

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る