BBC News

2017年2月14日

»著者プロフィール

トランプ米政権のマイケル・フリン大統領補佐官(国家安全保障問題担当)が就任前に駐米ロシア大使と経済制裁解除について協議し、法に触れた可能性があるという疑惑をめぐり、ホワイトハウスは13日、大統領が「状況を見極めている」と記者会見で明らかにした。

フリン補佐官が就任前にセルゲイ・キスリャク駐米ロシア大使と連絡を取り合っていたことは以前から指摘されていたが、具体的に経済制裁解除という政策内容について話し合っていたと、複数の米メディアが報道した。マイク・ペンス副大統領はこれまでに、フリン補佐官(退役米陸軍中将)の疑惑を公に否定したが、補佐官はその後、制裁について話し合ったかもしれないとホワイトハウスに伝えたという。

フリン氏が就任前にロシア政府とそのような協議をしていた場合、民間人が外交政策決定に関与することを禁止する法律に触れた可能性がある。

ショーン・スパイサー大統領報道官は記者会見で、「大統領は状況を見極めている」と述べた。「副大統領とフリン将軍との会話について、大統領は副大統領に話をしている。大統領は、この国の安全保障は最も重要な問題だととらえており、安全保障についてほかにも複数の人と話をしている」。

フリン補佐官はペンス副大統領に、ロシア大使との会話内容について政権幹部に誤解させたと謝ったという。

一方で、大統領報道官の会見前にはケリーアン・コンウェイ上級顧問が米MSNBCに出演し、「大統領はフリン氏を完全に信頼している」と発言。コンウェイ氏は、「フリン将軍にとって大事な週です。外国要人が訪問する際の連絡相手なので」と述べた。

ロシア政府のドミトリー・ペスコフ大統領報道官は13日、記者団に対して、フリン氏とキスリャク大使は制裁解除について話し合っていないと述べた。

米政治ニュースサイト「ポリティコ」によると、大統領の義理の息子、ジャレッド・クシュナー上級顧問(右)が、フリン補佐官の後任を探しているという。

米紙ワシントン・ポストは、司法省が1月の時点でホワイトハウスに対して、フリン氏はロシア政府の恐喝対象になり得ると警告していたと書いている。

フリン氏は大統領選の最中からトランプ氏を熱心に支持し、トランプ氏だけでなく、スティーブ・バノン首席戦略官とも緊密な連携関係を築いている。イランに強硬政策を主張する一方で、ロシアには融和政策を提唱するなか、ロシア政府と距離が近すぎるのではないかと取り沙汰されてきた。

疑惑の経緯

フリン補佐官が就任前の昨年12月にキスリャク大使と数回、電話で連絡を取り合ったことは以前から指摘されていた。しかしロシアのウクライナ侵攻を受けた経済制裁や、ロシアが米民主党本部をハッキングしたとされる問題について、協議したわけではないと、フリン氏はペンス副大統領と共にこれまで主張してきた。

しかし9日付のワシントン・ポスト紙は、合計9人の現職と前政権幹部の話として、制裁もハッキングも話題に上っていたと伝えた。

報道を受けてフリン氏の報道官は前言を修正。制裁を話題にしなかったと「確信できない」と報道陣に述べ、副大統領に事実と異なる内容を伝えていたのではないかとの憶測を呼んだ。

政権筋によると、ペンス副大統領とフリン補佐官は10日に2度、会話を重ね、その際に補佐官は副大統領に内々に謝罪したという。

大統領の考えは

トランプ氏はまだこの問題について公に発言していないが、フロリダ州に所有するリゾート「マール・ア・ラーゴ」には週末にかけてフリン氏も滞在していた。

また13日にトランプ氏がカナダのジャスティン・トルドー首相と合同記者会見を開いた際にも、フリン氏は最前列にいた。

記者会見でトランプ氏が指した記者2人はフリン氏の疑惑について質問せず、退室時に他の報道陣から疑惑について聞かれても答えなかった。

フリン氏がロシア大使と制裁について協議したか大統領が認識していたかとの質問に、スパイサー報道官は「全くそんなことはない。全くない」と答えた。

議会の反応は

上院民主党のナンシー・ペロシ院内総務は13日、トランプ氏にフリン氏の解任を要求。「ロシアではなく、米国の利益と安全保障のために尽くすかどうか信頼できない」とツイートした

下院では、複数の民主党議員が下院監査政府改革委員会のジェイソン・チェイフェッツ委員長(共和党)に対して、フリン氏とロシアの関係を調査するよう要求している。

共和党のスーザン・コリンズ上院議員(メイン州選出)も、就任前のフリン氏が外国政府と交渉していたとするなら「気がかりだ」と述べた。

(英語記事 White House: Trump 'evaluating' controversy on Michael Flynn

提供元:http://www.bbc.com/japanese/38965105

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る