ビジネススキルを活かして楽しむ脱力系子育てのススメ

2017年4月21日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小川大介 (おがわ・だいすけ)

1973年生まれ。京都大学法学部卒業。学生時代から大学受験予備校、大手進学塾で受験国語の看板講師として活躍。難関中学、国公立大学医学部などへ多数の合格者を送り出す。2000年、さらなる学習指導の理想を追求し、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を設立。教科指導スキルに、声かけメソッド、逆算思考、習慣化指導を組み合わせ、短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。著書に『小川式[声かけ]メソッド』(宝島社)、『中学受験 基本のキ!』(共著:日経BP社)、『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』(すばる舎)、『論理力は小学6年間の国語で強くなる』(かんき出版)など。今年10歳になる男の子の父。

 こんにちは、小川大介です。

 前回は、子どもと部下の「自信の種」を育てましょうという話をいたしました。自信とは思い込みであり、親も上司も本人の自信の種を植えて育てていくには、ポジティブな思い込みを手伝ってあげればいいのです。それには何よりも本人のことをよく観察することです。得意なこと、できていること、がんばれていることに気づき、ポジティブな解釈をかけていくことで、自信のきっかけ作りができます。

 自信のきっかけが出来れば、思い込みを強化していけばいいというわけですが、その強化の仕方、自信の育て方にはいくつかコツがあります。

 今回は自信の育て方実践編として、すぐに実行できる方法をいくつか紹介したいと思います。

iStock

 自信とは自分自身を信じる、思い込むということですが、何もないところから信じるというのはとても難しい。ではどうすればいいかというと、信じるための証拠を作ってあげるのです。自分の目に実際に見える事実を作る。

 一番いいのは計画を実行することです。

 決めたことをやる、やれたという結果が残りますから、そこに自分を信じる理由が生まれるわけです。

 どなたも体験があると思いますが、とても大きな仕事ができた。それは大きな達成感があるわけですが、ごく小さなことでも達成感は味わえるものです。たとえばお使いを頼まれて、すぐに間違いなく頼まれたものを買ってきた。難しいことではありませんが、「やれた」「頼まれたことに応えられた」という思いはありますね。そして、その思いは気持ち良いものではないでしょうか。

 「ありがとう」と言われるから気持ちいいのではなくて、やれたことそれ自体が気持ちいい。そうではありませんか?

 「できた」というのは、やはり実感が伴う。

 予定を立てる、実際にやる。また立てる。実行する。これを繰り返していくことが自信を育てる分かりやすい方法だと言えます。

「思っていること」と「していること」が一致する効果

 予定を立てて実際にやると、なぜ実感がわくのでしょうか。

 それは、自分が「思っていること」と「していること」が一致する体験だからです。

 頭の中にある自分と、周囲から見られる客観的な自分とが、「同じだ」と思える体験です。少し難しい言葉で言えば、「自己同一性」つまり「アイデンティティ」です。

 自分が意識したことが、実現するということの一致感が、「自分自身はたしかにここに居る!」という実感を生むのです。自分の輪郭が太くなっていく感覚、自分の中身が満ちてくる感覚です。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る