ビジネススキルを活かして楽しむ脱力系子育てのススメ

2017年1月13日

»著者プロフィール
著者
閉じる

小川大介 (おがわ・だいすけ)

1973年生まれ。京都大学法学部卒業。学生時代から大学受験予備校、大手進学塾で受験国語の看板講師として活躍。難関中学、国公立大学医学部などへ多数の合格者を送り出す。2000年、さらなる学習指導の理想を追求し、中学受験専門のプロ個別指導教室SS-1を設立。教科指導スキルに、声かけメソッド、逆算思考、習慣化指導を組み合わせ、短期間の成績向上を実現する独自ノウハウを確立する。著書に『小川式[声かけ]メソッド』(宝島社)、『中学受験 基本のキ!』(共著:日経BP社)、『頭がいい子の家のリビングには必ず「辞書」「地図」「図鑑」がある』(すばる舎)、『論理力は小学6年間の国語で強くなる』(かんき出版)など。今年10歳になる男の子の父。

 明けましておめでとうございます。小川大介です。

 今年も、本連載「ビジネススキルを活かして楽しむ脱力系子育てのススメ」をよろしくお願いいたします。

 さて、前回は「子どもへの声かけのポイントは、部下への声かけと同じ」というお話をさせていただきました。

 「親の役割」とは、子に自分で生きていく力を授けることであり、体験を通した学びを生み出すことが大切だということ。しかし、ただ体験するだけでは学びは生まれず、「声かけ」による気づきを生み出すことが必要になることから、部下への声かけにも共通する3つのポイントをお話ししました。「観察」「耳を傾けること」「笑顔」の3つです。いずれも「信頼関係」を結ぶために必要不可欠の要素であり、信頼関係があるからこそ「声かけ」が生きてくるのでした。

 最後に、子育てのための「声かけ7か条」をご紹介してまとめとしたのですが、生活の中に取り入れていただけているでしょうか。

 子育てにおいても、ビジネスにおいても、「笑顔」「待つ」「楽しむ」「信頼する」「観察する」「6秒ルール」「ほめる」の7か条は抜群の効果を発揮しますので、ぜひ生かしていただきたいと思います。

 そして今回の話題ですが、「褒め方」と「叱り方」について考えてみたいと思います。

褒め疲れしていませんか?

 子どもを育てる上でも、部下を育てる上でも、「褒める」ということは大切ですね。

 存在を認められ、努力を認め励まされることで、人はより成長したいという気持ちを持つことができますし、チャレンジすることへの勇気もわいてきます。

 「褒めて育てる」という言葉も、すっかりおなじみになりました。

 しかし、いまこの記事をお読みの方の中にもいらっしゃるのではないでしょうか。

 「褒め疲れ」している方が。

褒め方のポイントとは…(iStock)

 「なんでもかんでも褒めろ褒めろって、我慢の連続のこっちを褒めてほしいよ!」

 「当たり前の努力もせずに、褒めてもらって当然という態度でいる若手を、それでも褒めないといけないの???」

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る