BBC News

2017年5月17日

»著者プロフィール

英豪の共同研究で、南太平洋の無人島に集まるプラスチックごみの密度が世界最悪だと明らかになった。英領ピットケアン諸島に属するヘンダーソン島には、砂浜に推定3770万個の廃棄物が流れ着いていたという。島は廃棄物の集積で知られる南太平洋環流の中に位置し、世界中の「ごみため」状態になっていると言われている。

米国科学アカデミー紀要に掲載された研究によると、ヘンダーソン島の廃棄物は合計17トン。1平方メートルあたり671点の密度。近くを流れる北東からの潮流が南米大陸や船舶の廃棄物を運んでくるという。

研究の筆頭著者、豪タスマニア大学のジェニファー・レイバース博士は、「ヘンダーソン島のごみの多くは、私たちが『廃棄可能』とか『使い捨て用』などと間違って呼ぶ品々だ」と話す。

流れ着いていた物のなかには、漁業の道具などのほかに、歯ブラシやライター、かみそりなどの日用品も含まれていたという。

豪タスマニア大学海洋南極研究所と英王立鳥類保護協会保護科学研究所の研究チームはこの報告を通じて、人々に「自分とプラスチックとの関係を考え直してもらいたい」と呼びかけている。

「島では陸ガニが、ペットボトルのふたやプラスチック容器などに巣を作っている。パッと見は可愛いかもしれないが、実際には可愛いとは程遠い。古いプラスチックでささくれていて、毒性が高いからだ」とレイバース博士はBBCに話した。

海洋学者のレイバース博士は、「ありとあらゆる形、色、大きさ」の安全用ヘルメットも見つかったと話す。

国際連合教育科学文化機関(ユネスコ)はヘンダーソン島を世界遺産に登録。比較的特異な環境をもつ環礁で、植物10種類と鳥4種類を特徴として挙げている。

南米チリから西に約5000キロ、ピットケアン島から190キロに位置し、南太平洋の巨大な環流の中心近くにある。

ヘンダーソン島の状況は、プラスチック廃棄物が世界規模で環境にどう影響するかを浮き彫りにするものだと、レイバース博士は言う。

「世界中のほとんどすべての島、海の中のほとんどすべての生物が、私たちの廃棄物に何らかの形で影響を受けていることが明らかになった。無罪放免の人はいないし、国もない」

プラスチック製品は水に浮き、かつ長持ちするため、海洋にとっては大問題だと博士は指摘する。

(取材 グレッグ・ダンロップ)

(英語記事 Remote island has 'world's worst' plastic rubbish density

提供元:http://www.bbc.com/japanese/39944903

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る