秋山真之に学ぶ名参謀への道

日露海戦を勝利に導いた軍略家として名高い秋山真之。その活躍ぶりは司馬遼太郎の小説『坂の上の雲』によって広く知られている。東郷平八郎をして「智謀湧くが如し」と言わしめた秋山の軌跡を辿ると、組織において参謀という存在がいかに大切かが分かる。 翻って、現代の企業にも秋山のような名参謀が必要である。大手航空会社で企業参謀としての研鑽を積み、歴史上のリーダーについても著書の多い著者が、秋山真之の軌跡を読み解きながら名参謀への道を説く。

  • PR