BBC News

2017年10月13日

»著者プロフィール
英映画プロデューサー、アリソン・オウエン氏が、セクハラ疑惑の渦中にいるハービー・ワインスティーン氏について、不適切な行動は映画業界の「公然の秘密だった」と話す。その一方で、なぜこれまで表沙汰にならなかったのかについて、「なんのメリットもないから」だとオウエン氏は言う。オウエン氏は映画「エリザベス」、「Suffragette」(邦題「未来を花束にして」)、「ショーン・オブ・ザ・デッド」などのプロデューサー。(編集部注――日本では「ワインスタイン」と表記されることの多いハービー・ワインスティーン氏の名前は、本人や複数のハリウッド関係者の発音に沿って表記しています)

 

この記事は、公開期間が終了しました。


以下のリンクにて、記事の本文をご覧いただけます。
(※「BBC NEWS JAPANのサイトが開きます。)
2154

 

 

関連記事

新着記事

»もっと見る