ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2018年6月1日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

(iStock/kellyvandellen)

食中毒予防の三原則「つけない・増やさない・やっつける」

昨年6月のこのコラムではビジネスメンのための食中毒対策を提供した。
食中毒対策に「男性向け」も「女性向け」もなく、食中毒予防の基本は「食中毒菌を、つけない・増やさない・やっつける」の三原則を確実に実行することだ【※1】
これを頭に焼き付けた上で、今回はビジネスウイメンが直面することが多い場面を想定した食中毒対策を提供する。

外食の機会が多いビジネスメンの食中毒は「家庭外」で発生することが多いのではないか(すみません、データなしです)。
一方、ビジネスウイメンが関係する食中毒は「家庭内」に多いような気がする(データなし)。
ビジネスウイメンが家事を担当していれば(その可能性が高いと推察するが)その影響は家族にも及ぶので、ビジネスメンの場合よりも深刻である。

「平成29年食中毒発生状況(概要版)」【※2】によると、食中毒の発生場所は圧倒的に「飲食店」が多く「家庭」は少ない。
これは、食中毒の発生件数が「保健所に届けられたケース」だけで集計されているからだ。
飲食店での食中毒は(飲食店側が隠しておこうとしても)保健所の知るところとなるが、家庭での食中毒は(よほど重大な事案でない限り)保健所に届けられることはまずない。
そのため、家庭内での食中毒は、軽度のものも含めると、統計上の件数よりもはるかに多いと推測されている。
いま「軽度のもの」と書いたが、軽度の「食あたり」の延長線上に重篤な「食中毒」が待ち受けている。

【※1】https://www.gov-online.go.jp/featured/201106_02/

【※2】http://www.mhlw.go.jp/file/05-Shingikai-11121000-Iyakushokuhinkyoku-Soumuka/0000197210.pdf

関連記事

新着記事

»もっと見る