BBC News

2019年1月17日

»著者プロフィール

性慣習にまつわるイギリスの調査で、若者が最も後悔しているのは、初めての性交渉が早すぎたことだという結果が明らかになった。

調査に参加した10代後半~20代前半の女性の3分の1以上、男性の4分の1以上が、初体験が「適切なタイミング」ではなかったと回答した。

イギリスでは、性交渉の法的同意年齢は16歳以上。

最新の「性に対する態度とライフスタイルに関する全国調査」では、16歳になっても性行為に対する準備ができていない若者は大勢いると指摘している。

この調査は約10年おきに行われており、イギリスにおける性慣習の詳細が明らかになる。

今回の最新調査は、ロンドン大学衛生熱帯医学大学院の研究員がまとめ、イギリスの医療専門誌BMJの性と出産の健康部門で発表された。2010~2012年に調査を受けた3000人近くの若者の回答を基にしている。

この調査で分かったこと

それによると、若い女性の40%近くと若い男性の26%が、最初の性体験は「適切なタイミング」ではなかったと答えた。

こう答えた人の大半が、初体験はもっと遅い方が良かったと答え、もっと早い方が良かったと答えたのはごく少数だった。

初めてセックスをした年齢は、回答者の大半が18歳までと答えた。うち半数が17歳になる前、3分の1近くが16歳になる前と解答した。

調査ではまた、性に関する同意能力や準備、つまり、初めて性行為におよぶ際に事前に情報を得て適切な決定ができるかどうかについても質問した。

例えば、アルコールを摂取していない状態で同意すること、あるいは同調圧力を受けていないことなどだ。

この質問では、回答した女性の約半数、男性では4割が、この水準に達していなかったと答えた。

自分と相手が同等に性交渉を持ちたいとは考えていなかったと答えた人は女性では5人に1人、男性では10人に1人だった。これは、セックスに対して何らかの圧力があったことを示唆している。

性教育が重要な鍵

この調査の創設者、ケイ・ウェリングス教授は、人が性的に活発になる準備ができているかどうかと、性的同意年齢は関係ないと説明する。

「若者ひとりひとりが違う。15歳で大丈夫という人もいれば、18歳でまだという人もいる」

ウェリングス教授の共同研究者、メリッサ・パーマー博士は、「セックスに応じるようパートナーから圧力を受けやすいのは、若い男性よりも若い女性の方だという認識が、今回の調査で裏づけられた」と話した。

「10人中9人の若者が、最初のセックスで適切な避妊法を用いているという前向きな結果も出ている。しかし、若者が性的に活発になる時期に、若者の健康全般を確実に守るための方策が必要だ」

パーマー博士は、若者が安全で前向きな初体験を迎えられるよう、パートナーと正しく話し合う交渉技術を、学校が性教育の一環として教えるべきだと提案する。

性の健康にまつわる慈善団体Brookのイザベル・インマン氏は、「私たちは、年齢とその人の状況に適切な人間関係と性に関する教育を早い時期からスタートすべきだと確信している。それが、若者が正しい決定を前向きに行う手助けになる」と話した。

「こうした教育が義務化されることで、機会が増えることを願っている」


「正しいタイミング」とは?

誰かとセックスをするかもと思ったら、自分自身に聞くべきこと:

  • 大丈夫だと思えるか
  • パートナーを愛しているか
  • 同じように、パートナーも自分を愛しているか
  • パートナーと、性感染症やエイズを阻止するためにコンドームを使うことを話したか。その会話はうまくいったか
  • 避妊の方法を準備したか
  • どこかのタイミングで考えを変えたときに「ノー」と言えると思うか。自分もパートナーも、それについて同意しているか

もし全ての質問に「はい」と答えたら、正しいタイミングだといえる。

一方、次の質問に1つでも「はい」と答えたら、まだ適切な時期ではないだろう:

  • パートナーや友人から圧力をかけられていると感じている
  • 後で後悔するかもしれないと思っている
  • 友人に追いつくためだけにセックスしようと思っている
  • パートナーをつなぎとめるためだけにセックスしようと思っている

出典:国民保健制度(英語)


(英語記事 Is there a right age to lose your virginity?

提供元:https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-46890032

関連記事

新着記事

»もっと見る