BBC News

2019年3月13日

»著者プロフィール

イギリスの下院(定数650)は12日夜、テリーザ・メイ首相が欧州連合(EU)と取りまとめたEU離脱協定を否決した。ブレグジット(イギリスのEU離脱)はなお、混乱状態にある。

メイ首相は採決の直前にEUと協定内容の一部変更で合意にこぎつけ、議員から支持を得られると期待して12日を迎えた。

しかし、下院はこの協定も391対242と149票差で否決した。メイ首相の離脱協定は、1月の最初の採決でも歴史的大差で否決されている。

もし12日の採決がメイ首相の思う通りの展開になっていれば、イギリスは今ごろ首相の協定に沿って3月29日の離脱準備をしていただろう。

3月29日の離脱期限まで、2週間あまり。今後の展開について、まだ予断は許されない。

次に何が起きるのか

次は、明日13日だ。下院議員はこの日、3月29日にイギリスがEUとの合意がないまま離脱することを認めるかどうかを決める。いわゆる「無秩序なブレグジット」あるいは「合意なしブレグジット」だ。

合意なしで離脱すれば、英政府とEUの離脱協定が定める21カ月の移行期間もなくなる。通商や移民、医療などに多大なリスクが生じるため、議会はほぼ確実にこの可能性を否決するだろう。

その後に控えているのは……そう、ご正解。また別の採決だ。しかも翌日。

合意なしブレグジットが否決された場合、下院は14日にEU離脱を3月29日以降に延期するかどうかを採決する。

これが可決されるとメイ首相はEUへ戻り、EU基本条約(リスボン条約)第50条に定められた2年間の離脱交渉期間を延長するよう要請することになる。ブレグジットの行方はEUに委ねられ、延長期間が審議されることになる。

メイ首相は協定の否決を受けて、「合意なしブレグジットに反対し離脱延期を要請しても、我々が直面している問題は解決しない。離脱を延期して私たちがどうするつもりなのか、EUは知りたがるし、下院は答えなくてはならない」と述べている

バックストップとは?

メイ首相の離脱協定をめぐる反対意見の多くも、採決直前まで行われた論争も、いわゆるバックストップをめぐるものだった。

イギリスもEUも、ブレグジット後にアイルランドと英・北アイルランドの間に厳格な国境管理を敷き、物理的な検問や関連施設を置くのを避けるために尽力してきた。

現状では、この国境を越えるモノやサービスにはほとんど制限がない。イギリスもアイルランドもEU単一市場と関税同盟の一員なので、税関検査などが不要だからだ。


しかしブレグジット後には状況が変わる。バックストップは、ブレグジット後に通商協定や技術的な解決策ががまとまらなかった場合でも、国境での摩擦をできるだけ少なくするためのセーフティーネットだ。

保守党のEU離脱派は、代替策が見つからない場合、イギリスはバックストップによって永久的にEUとの関係に縛られてしまうと懸念していた。

メイ首相は、11日にEUと合意した変更によってこの問題が解決すると期待していた。

しかしジェフリー・コックス法務長官はこの変更点に関する法的助言で、アイルランド国境をめぐるバックストップ条項(後述)への懸念は解消されないと明言した。

今回の敗北が意味するものは?

メイ首相は追い詰められている。首相に就任してからの短い期間をブレグジット交渉に追い回され、その協定は議会で2度も大敗を喫した。

ブリュッセルで11日深夜にEUと交渉を終え、翌12日に下院で協定への支持を訴えた際、首相の声はがらがらだった。首相はずっと、協定否決の公算がかなり高いと承知していたはずだ。

1月の採決では保守党から多くの造反者が出て、協定は230票差という大差で否決された。

今回の採決では保守党からは75人の議員が造反したほか、メイ首相と閣外協力する北アイルランドの民主独立党(DUP)も反対した。一方、最大野党・労働党からは3人が賛成票を投じている。



2度目の大敗を経て、メイ首相の党首としての指導力は弱まり、辞任を求める声が高まる危険性がある。

離脱協定が否決され、今後の選択肢としては解散総選挙もあり得る。実現すれば、メイ首相の在任期間中としては2度目となる。

最大野党・労働党のジェレミー・コービン党首は12日の採決後、これが解散総選挙のタイミングかもしれないと述べた。そう……またしても、投票だ。

(英語記事 What just happened with Brexit?

提供元:https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-47548542

関連記事

新着記事

»もっと見る