菜々緒が演じる悪女の魅力
異色の刑事モノ「サイレーン」
松坂桃李と木村文乃が追い詰めるサイコパス


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

モデル出身の女優である菜々緒が、殺人を犯すことにも躊躇しない反社会的な人格(サイコパス)を演じる、「サイレーン」(フジ系・火曜夜10時)が中盤にさしかかろうとしている。

 サブタイトルは、「刑事×彼女×完全悪女」である。警視庁機動捜査隊の刑事・里見偲(さとみ・しのぶ)役に松坂桃李、その里見と半ば同棲状態にある同僚の猪熊夕貴(いのくま・ゆき)役に木村文乃。

 ふたりが追っているのは、連続殺人事件の犯人である菜々緒が演じる橘カラ(たちばな・から)である。彼女はキャバクラで働いている。

 カラは夕貴と友人関係に持ち込むことに成功して、里見と夕貴の恋人の間に、自分に対する信頼感の微妙なずれを生じさせる。キャバクラ嬢が閉店後の店で自殺を図ったかのようにみえる現場で、カラと出会った里見は直観的に疑惑を深めていく。

 連続殺人事件は、まるでカラの日常生活のなにげない行動のように繰り返されていく。第一の殺人事件は、女性を狙って繰り返すタクシー運転手だった。

 乗客の女性に社内が寒いので白ソックスをはくことを勧めて、殺す手口を繰り返す運転手を板尾創路が怪演している。

 カラは運転手役の板尾によって、いったんは首吊りを装って殺されそうになるが、両足で板尾を強く締め上げて態勢を入れ替える。そして、板尾を首吊りにする。

 惨劇は土砂降りの雨のなかで繰り広げられる。

悪役がハマる菜々緒の魅力

 菜々緒には悪女の魅力がある。バラエティー番組のなかでみせる明るい性格とは、対照的な悪女の演技は美貌と長身なスタイルに支えられて、悪が悪ではないような感覚すら抱かせる。観客は悪女に感情移入させられる。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍