BBC News

2016年11月29日

ドナルド・トランプ次期米大統領が、大統領選で数百万人が不正投票したと論拠を示さないままツイッターで主張したことについて、ジョシュ・アーネスト大統領報道官は28日、記者会見でこれを否定した。

記者団の質問に答えて報道官は、「そのような主張を裏付ける証拠が何も提示されていないというのが、客観的な事実だ」と述べた。

大統領選では、勝敗が最後まで決まっていなかったミシガン州で28日、州務長官がトランプ氏の勝利が確定したと発表。トランプ氏は合計306人の選挙人を獲得したことになる。

一方で、民主党候補だったヒラリー・クリントン氏が得票数の総数では200万票以上、トランプ氏を上回っている。さらに、僅差でトランプ氏が勝ったウィスコンシン州での票再集計を「緑の党」のジル・スタイン候補が正式に求め、クリントン陣営がこれを支持する状況のなかで、トランプ氏は「選挙人団を地すべり的に圧勝したのに加えて、違法に投票した数百万人を差し引けば、一般投票も自分が勝った」とツイートしていた

トランプ氏はさらに、クリントン氏が勝ったバージニア、ニューハンプシャー、カリフォルニア各州でも、不正投票があったとツイートを連投して主張した。

<関連記事>

獲得選挙人クリントン氏232人、トランプ氏306人 

トランプ氏、「何百万人」が違法に投票と主張 

敗れたクリントン氏、得票数200万票超リード

スタイン氏はウィスコンシン州に続き、トランプ氏が勝ったミシガン州とペンシルベニア州でも投票の再集計を要請すると選挙管理委員会に通知している。スタイン氏は「 #recount2016(再集計2016)」というハッシュタグを使い、ソーシャルメディアなどで再集計要請のための寄付金を募り、これまでに630万ドル(約7億円)を集めた。大統領候補としてのスタイン氏が集めた献金は、350万ドルに留まった。

ミシガン州での両候補の得票率は、トランプ氏が47.50%、クリントン氏が47.27%。227万9543票対226万8839票の1万704票差で、トランプ氏が勝った。ミシガン州では過去75年で最も僅差の激戦で、共和党候補が同州で勝つのは1988年以来。

たとえ再集計が実施されても、大統領選の結果が覆るには、ウィスコンシン、ミシガン、ペンシルベニアの3州すべてで、クリントン氏が勝ったことが証明されなくてはならない。この可能性はないに等しいと専門家たちはみている。

クリントン陣営のマーク・イライアス法律顧問は、大統領選の結果が不正に改ざんされたと結論できるような証拠はないと指摘した上で、「ヒラリー・クリントンに投票した6400万人以上の米国人に対して、正確な投票数の報告を確実にするための現在の手続きに参加する義務が、私たちにはある」と表明した。

この間、トランプ氏は28日、中央情報局(CIA)元長官のデイビッド・ペトレウス退役陸軍将軍と会談。ペトレウス氏は2012年、愛人に機密情報を見せた罪で有罪となった。

トランプ氏はペトレウス氏を、国務長官候補として検討していると言われている。

トランプ氏は選挙期間中、クリントン氏が国務長官時代に私用メールサーバを公務に使用していたことを繰り返し非難し、「刑務所行きだ」などと発言していた。

連邦捜査局(FBI)はクリントン氏の行動は「きわめて軽率」だったとしながらも、訴追に相当する行為はなかったと結論している。


トランプ氏が連投した「不正投票」ツイートについて、米メディアの反応の一部は次の通り――。

・ニューヨーク・タイムズ――「ドナルド・J・トランプ次期大統領は27日、自分が一般投票で負けたのはただ単に、数百万人もの人が違法に投票したからだと発言した。3州で再集計が求められていることについて、怒りのツイートを1日中連投するなかで、この根拠のない主張を展開した」

・ワシントン・ポスト――トランプ氏は、「すでに根拠なしと徹底的に骨抜きにされている陰謀論をおうむ返し」し、「何百万もの人が違法に投票したと、証拠を示さず示唆した」と同紙は批判。さらに、事実関係を確認する記事を掲載し、トランプ氏の主張は「証拠となる資料がなにもない、虚偽の主張だ」と結論した。

・フォックス・ニュース――保守系放送局フォックス・ニュースは、トランプ氏の主張を伝えるにあたって、根拠がないということを第5段落の半ばになるまで指摘せず、「富豪は、不正投票の疑惑について証拠を提示しなかった」と書くにとどまった。

・ハフィントン・ポスト――複数メディアがトランプ氏の主張に反論せずそのまま伝えたことを批判。「報道機関が記事見出しで『トランプがツイート』『トランプが主張』『トランプが発言』などと書くだけで、内容の正否に関わらずトランプの主張をそのまま大々的に展開してしまうケースが、あまりに多すぎる」と書いた。


<解説>「騒ぎになればトランプは水を得た魚」 アンソニー・ザーチャー、BBC北米担当記者

典型的なドナルド・トランプのやり方だ。責められたら、責めかえすのだ。自分が勝った州で再集計を求めてるって? ならばヒラリー・クリントンが勝った州で、大規模な不正投票があったと主張するまでだ。

もちろん、トランプ氏が言うような、「何百万」もの不正票が民主党側に投じられたなどという証拠はない。もし本当にあったなら、全面的な調査が必要だ。次期大統領が日曜の朝にツイートを連投しているような場合ではない。

自分の主張が真実かどうかは、トランプ氏にはささいなことのようだ。

大事なのは、攻撃する側に回り、話をごちゃごちゃにすることだ。自分が主要州で僅差で勝ったことの正当性を問われているなら、その話の流れをごちゃごちゃにしてしまうのがいい。これまでもそうしてきたように、自分に否定的な話の流れを大声でかき消そうとしているのだ。

皮肉なことに今回は、から騒ぎに終わるだろう。緑の党が資金を集めて主導する再集計が実施されても、不正投票の事実はほぼ確実に出てこない。トランプ氏はことの推移を何もコメントせずにただ見守るだけで、それで済んだはずだ。これほどの物議をかもすことなく。

とはいうものの、この次期大統領は、騒ぎになればなるほど水を得た魚だ。常に騒ぎに取り囲まれている方が、元気が出るようだ。もしかすると、そうしないと機能できないのかもしれない。


(英語記事 White House rebuts Trump vote fraud claim

提供元:http://www.bbc.com/japanese/38140329

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る