韓国の「読み方」

2018年2月22日

»著者プロフィール
著者
閉じる

澤田克己 (さわだ・かつみ)

毎日新聞記者、元ソウル支局長

1967年埼玉県生まれ。慶応義塾大法学部卒、91年毎日新聞入社。99~04年ソウル、05~09年ジュネーブに勤務し、11~15年ソウル支局。15~18年論説委員(朝鮮半島担当)。18年4月から外信部長。著書に『「脱日」する韓国』(06年、ユビキタスタジオ)、『韓国「反日」の真相』(15年、文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)、『韓国新大統領 文在寅とは何者か』(17年、祥伝社)、『新版 北朝鮮入門』(17年、東洋経済新報社、礒﨑敦仁慶応義塾大准教授との共著)など。訳書に『天国の国境を越える』(13年、東洋経済新報社)。

 「北の微笑 冷める韓国」という記事が読売新聞に出ていた(2月21日朝刊国際面)。「韓国国民は北朝鮮の五輪参加で南北関係改善の機運が生まれたことをおおむね歓迎しているものの、女性応援団を中心とした北朝鮮の『宣伝戦』には冷めた反応を見せている」という内容だ。平昌冬季五輪の現場リポートだが、私の聞く限りソウルでも大差なさそうだ。

(写真:AFP/アフロ)

 南北関係改善に選挙中から意欲を見せていた文在寅政権が南北対話に積極的なのとは対照的に、韓国の世論は意外と落ち着いている。文政権にしても米国との調整を重視する姿勢を示しており、一足飛びに南北首脳会談へ進むのは難しいことは認識している。その米国も、ペンス副大統領が北朝鮮の金与正氏と韓国で極秘会談することに合意していたという。北朝鮮側が直前にキャンセルしたので実現しなかったが、北朝鮮情勢は流動化してきている。

 今回は、主に世論調査の数字を使って韓国社会が北朝鮮に向ける視線を再確認しておきたい。統一に関する韓国人の意識は冷戦終結後の30年弱でだいぶ変わった。それが今後の展開に微妙な影響を与える可能性もあるだろう。

北朝鮮への不信抱きつつ、対話は肯定

 まずは北朝鮮が提案した南北首脳会談への賛否を見てみよう。金正恩委員長の特使として訪韓した妹の与正氏が10日に文在寅大統領と会談した際に伝えたものだ。民間調査機関である韓国社会世論研究所が直後に実施した世論調査によると、首脳会談に「賛成」が77.4%と圧倒的で、「反対」は20.5%にすぎなかった。

 ただし、南北和解を支持する声が圧倒的だと言える単純なものではない。北朝鮮による首脳会談の提案をどう考えるかという質問には、「核問題解決と南北関係改善への意思表明だ」という好意的な見方が48.1%と多数派だったものの、「韓米同盟の離間を図ろうとする偽装平和攻勢にすぎない」という厳しい見方も43.7%に上った。

 文大統領と北朝鮮代表団との会談結果への評価については、「南北対話と緊張緩和への助けになる」と評価する声が55.3%で、「非核化に触れない形式的なものだった」という批判が38.6%だった。

 韓国に対話攻勢をかける北朝鮮の意図を疑い、非核化要求を強く突き付けない文政権には不満もある。それでも緊迫する一方の北朝鮮情勢の打開につながる可能性があるなら首脳会談をやってみてもいいのではないかと考える人が少なくない。この調査から読み取れるのは、そんな結果ではなかろうか。韓国が被害を被る戦争だけは絶対に嫌だという人が圧倒的多数だから、不思議な結果ではない。

関連記事

新着記事

»もっと見る