韓国の「読み方」

2018年9月10日

»著者プロフィール
著者
閉じる

澤田克己 (さわだ・かつみ)

毎日新聞記者、元ソウル支局長

1967年埼玉県生まれ。慶応義塾大法学部卒、91年毎日新聞入社。99~04年ソウル、05~09年ジュネーブに勤務し、11~15年ソウル支局。15~18年論説委員(朝鮮半島担当)。18年4月から外信部長。著書に『「脱日」する韓国』(06年、ユビキタスタジオ)、『韓国「反日」の真相』(15年、文春新書、アジア・太平洋賞特別賞)、『韓国新大統領 文在寅とは何者か』(17年、祥伝社)、『新版 北朝鮮入門』(17年、東洋経済新報社、礒﨑敦仁慶応義塾大准教授との共著)など。訳書に『天国の国境を越える』(13年、東洋経済新報社)。

 アジア大会や五輪に出場する韓国選手をめぐって話題になるのが兵役免除である。インドネシアで今夏行われたアジア大会では、サッカーのイングランド・プレミアリーグでプレーする孫興民(ソン・フンミン)が対象になることでも注目された。今大会では結局、サッカーと野球は決勝で日本を下して金メダルを獲得した。ただ、ライバル日本に勝って堂々と兵役免除を喜ぶのかと思いきや、そうでもないようである。むしろ批判世論が台頭し、韓国政府は制度の再検討を表明した。廃止となる可能性は低いだろうが、徴兵制度はすべての国民にかかわる重大な関心事であるだけに議論はヒートアップしている。

今回のアジア大会で兵役免除となるかどうか話題だった孫興民選手(写真:ロイター/アフロ)

日本と台湾は社会人、韓国はプロだった野球代表

 特に問題視されているのは、国内のプロリーグを中断してアジア大会に臨んだ野球である。野球は代表選手を選抜する時から、まだ兵役免除の権利を得ていないプロ選手を優先しているのではないかと批判された。しかも全員をプロで固めたにもかかわらず、社会人野球の選手が中心の台湾との対戦となった予選グループBの初戦は1対2で敗れた。決勝で戦った日本も、プロ選手抜きのチームだった。

 そもそもアジア大会の野球では、日本と台湾に勝てば優勝する可能性が高い。それだけに「勝つのが難しいWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)への出場は避けようとするのに、相対的に大会のレベルが低いアジア大会には先を争って参加しようという姿まで見せた。プロ選手として高額年棒を得ながら兵役免除まで簡単に受けようとする姿が国民の怒りを買った」(聯合ニュース)という論評まで出た。

 WBCは競技レベルが高いだけではなく、実は兵役免除の対象になっていないという背景もある。兵役を免れたいという選手の思いと、兵役で主力選手を失いたくない球団の事情のどちらも理解できなくはないのだが、韓国の国民、特に若い男性たちは強い不公平感を抱かざるをえないだろう。陸軍で兵役を済ませたという30代の知人男性は「サッカーは、韓国がアジアで図抜けて強いとは言えない。だからまだ理解できるけど、野球はひどいよ。プロで固めたのが韓国だけというアジア大会での優勝で兵役免除なんて」と息巻いていた。

 韓国プロ野球界は結局、4年後のアジア大会からは期間中のリーグ中断をしないと表明するまで追い込まれた。

関連記事

新着記事

»もっと見る