田部康喜のTV読本

2018年11月7日

»著者プロフィール
著者
閉じる

田部康喜 (たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

 日テレ「今日から俺は!!」(毎週日曜よる10時30分)は、若手俳優たちが1980年代の高校生のツッパリに扮したコメディである。原作は西森博之作の学園を舞台にしたコミック。ドラマのド派手は衣装とデフォルメしたセリフになじめば、爆笑を誘う良質の娯楽作品に仕上がっている。

(imagenavi)

映画とドラマ、舞台で活躍中の俳優たち

 ドラマは、転校をきっかけにしてツッパリに変身した、伊藤真司(伊藤健太郎)と三橋貴志(賀来賢人)の「軟葉(軟高)」と、三橋のライバルである今井勝俊(太賀)の「紅羽(紅高)」、暴力団とも関係が深い片桐智司(鈴木伸之)と相良猛(磯村勇斗)の「開久高」のツッパリたちが、乱闘を繰り広げて主導権争いを演じている。

 若手男優たちに絡むのは、「成蘭女子高」の早川京子(橋本環奈)と川崎明美(若月佑美)と、三橋(賀来)の赤坂理子(清野菜名)の女優陣である。

 いずれの俳優たちも、映画とドラマ、舞台で活躍中である。W主役の伊藤健太郎と賀来賢人のツッパリぶりにも驚かされるが、太賀の快演は圧巻である。「桐島、部活やめるってよ」(2012年、吉田大八監督)のバレーボール部員、いまや世界的な存在となった深田晃司監督の「ほとりの朔子」(2014年)の少年役など、その演技力が評価されている。

 伊藤真司(伊藤健太郎)と恋仲になる早川京子役の橋本環奈も、ツッパリ役をこなしている。テレビ小説「半分、青い。」で主人公の友人役でブレークした清野菜名が、柔術の道場主の父親(佐藤二朗)の娘役で、敵役の高校生を圧倒するアクションに挑んでいる。

 「軟高」に転校してきた三橋(賀来)は髪の毛を金髪に染め、伊藤(伊藤健太郎)は髪を縦方向に固めたうえに、学生服の上着の長さがひざ下まで達している。ふたりの姿は勿論のこと、掛け合いがとぼけていて思わず笑ってしまう。

関連記事

新着記事

»もっと見る