迷走する日本の「働き方改革」への処方箋

2019年3月18日

»著者プロフィール
著者
閉じる

立花 聡 (たちばな・さとし)

エリス・コンサルティング代表・法学博士

1964年生まれ。早稲田大学理工学部卒。LIXIL(当時トステム)東京本社勤務を経て、英ロイター通信社に入社。1994年から6年間、ロイター中国・東アジア日系市場統括マネージャーとして、上海と香港に駐在。2000年ロイター退職後、エリス・コンサルティングを創設、代表兼首席コンサルタントを務め、現在に至る。法学博士、経営学修士(MBA)。早稲田大学トランスナショナルHRM研究所招聘研究員。

 

「強肉強食」の時代がやってくる!

 では、残った2人の相対的強者は安泰かというと、決してそうではない。さらに賃金コストが上がったとする。2人分の給料が3000円から4000円に上がる。そこで企業は1人に3000円を払ってその仕事はできないかと模索し始める。製造現場では産業ロボットが2人のワーカーを製造ラインから追い出したり、ホワイトカラーの場合は、AI(人工知能)が最後の1人の仕事まで取り上げたりもする。

 弁護士や司法書士など強者とされる「士業」にも失業の時代がやってくる。法律や判例のデータベース検索や定型法務書類の作成は、AIによって取って代わられる。弁護士業や法務市場でも生き残りを賭けた熾烈な競争が繰り広げられようとしている。もはや「弱肉強食」ではなく、「強肉強食」の世界である。

 そもそも「弱肉強食」という概念は決して、単純な「強」「弱」の二項対立ではない。自然界の「弱肉強食」は食物連鎖という大きなサイクルになっている。最強が次強を食べ、次強が強を食べ、強が次弱を食べ、そして次弱が最弱を食べる、という連鎖である。資本家と労働者という強弱の二項対立は、マルクスが生きていた時代の現象だった。現下の世界ではより複雑化、相対化しているのである。

 故に、繰り返しているように、「弱肉強食」というのは、善悪ではなく、ある種の自然の摂理である。

誰が強者? 誰が弱者?

「弱者」の話、「強者」の話、そして「強弱関係」の話を縷々と説いてきたが、最後に、強者になる必要があるか、どうやって強者になるかに触れてみたい。

 まず強者になる必要はあるか。それは人によって異なる答えがあっていい。自分の描きたい絵を一生描き続け、ついに貧困のどん底から一度も這い上がることがなかった画家。言いたいことが言えず忍耐に忍耐を重ね、ただひたすら宮仕えのエリートサラリーマン人生に徹し、ついにトップの座に上り詰めた矢先、会社の不正事件で責任を問われ、辞任に追い込まれる大会社の社長。どっちが強者どっちが弱者、どっちが勝者どっちが敗者、どっちが幸せどっちが不幸……。私には分からない。本人に聞くしかない。

 強者や弱者、勝ち組や負け組。社会的な一般論としての評価基準もあろうが、最終的に本人が判断して結論を出すものであろう。

連載:迷走する日本の「働き方改革」への処方箋

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る