あなたが知らない街のNews みんなの経済新聞

2013年5月3日

»著者プロフィール

 こんにちは。「みんなの経済新聞ネットワーク」(略して『みん経』)です。GWも後半。今日からの4連休、お出かけ先は決まりましたか? 天気の良い日にぶらりと出かけた散歩先で、おいしそうなお店に立ち寄るのも楽しいもの。今回はみんな大好き「国民食」の中から食べ歩きやB級グルメの記事を紹介します。

期間限定の「シークヮーサー氷」

 初夏にぴったりなのが、こちらの記事。4月末から銀座にある沖縄県のアンテナショップで「シークヮーサー氷」の販売が開始したのだとか。

 * * *

銀座わしたショップ、「シークヮーサー氷」販売開始-合い言葉で割引も (銀座経済新聞/2013/4/30)

 沖縄県のアンテナショップ「銀座わしたショップ」(中央区銀座1、TEL 03-3535-6991)内の「パーラー島風(しまかじ)」が4月27日、沖縄県産のシークヮーサーを使ったかき氷「シークヮーサー氷」の提供を始めた。

 「シークヮーサー氷」は、沖縄県恩納村(おんなそん)の「道の駅」で販売されていた同商品を銀座わしたショップのスタッフが発見したもので、沖縄県本部(もとぶ)で生産している種無しのシークァーサーを使っている。水に果実を丸ごと入れて凍らせた氷の塊を削り、オリジナルシロップをかけて提供する。削った時に果実が均等に入るように工夫されており、通常のかき氷よりも細かくふんわりとした食感が特徴という。

 パーラー島風は「サーターアンダギー」の実演販売や「ブルーシールアイスクリーム」を提供する厨房を2011年に拡大し、イートインスペースを新設した。「サーターアンダギー」(100円)、パーラースタッフの気まぐれで作る沖縄風てんぷら、沖縄そば(430円)、泡盛コーヒー(200円)などを販売し、ショップを訪れる買い物客の休憩スペースとしても利用されている。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る