個人美術館ものがたり

2009年5月16日

»著者プロフィール
著者
閉じる

赤瀬川原平 (あかせがわ・げんぺい)

画家、作家

1937年、神奈川県生まれ。60年代にネオ・ダダイズムなど前衛芸術運動に参加。80年「尾辻克彦」名の『父が消えた』で芥川賞を受賞。『散歩の学校』『昭和の玉手箱』『千利休 無言の前衛』など著書多数。

「もっともフランス的な日本人」と評されるほどヨーロッパで支持され、芸術家としての人生のほとんどをパリで過ごした荻須高徳(おぎす・たかのり)。その美術館が建つ洋画家の生地は、意外にもじつに日本色の濃い町でしたーー。

「オー・ボン・ヴィヴァン」1972年(c)Emiko Oguiss 

 荻須高徳はパリの風景画家である。パリだけでなくヨーロッパの他の場所も描いているが、やはりどうしてもパリだ。若いころ渡仏して、油絵でパリの街並を描きつづけた。大戦中はやむなく帰国したが、戦後は日本人一番乗りでパリに戻り、最後までパリの風景を描きつづけた。そしてパリで死んだ。パリがなかったら、という想像が不可能な画家である。

 荻須が生きたのは、パリに強い吸引力のあった時代だ。絵の世界で印象派という革命のようなことが起きた後、そこで解き放たれた画家の力が渦巻いた状態をエコール・ド・パリと呼んでいる。荻須高徳はその後半部分に飛び込んだ。そんな渦巻が抽象絵画に向うと、ステージはアメリカ、ニューヨークへと移っていくが、荻須の時代のアメリカは、まだ軽い印象しかもたらさず、パリこそ芸術の空気の濃厚な街だったのだ。

 美術館は名古屋から北へ少し上った稲沢市にある。稲沢は昔からの由緒ある町だそうで、国府宮(こうのみや)神社のはだか祭が有名だ。旧の正月13日にさらしの褌(ふんどし)と白足袋だけのはだか男たちが数千と集り、この神社でもみ合う。そういう日本色の濃い町に美術館はあり、しかし館内にはパリの街並を描いた絵がずらりと並ぶ。考えたら不思議なことだ。

上の写真の右奥に置いてあるものがこれ。リトグラフを順に引き出して見られる

 理由はもちろん、荻須高徳の出身地である。荻須はここで少年時代を過し、その後上京して東京美術学校(現東京芸術大学)に学ぶ。同級生に猪熊弦一郎、岡田謙三、小磯良平、山口長男(たけお)などがいる。

 同じパリの風景画家である佐伯祐三は三つほど先輩で、佐伯が帰国したとき、荻須はパリでの生活の実際などを尋ねに訪れている。パリへの憧れは同じで、パリ生活でもいろいろ行き来があったようだ。

 佐伯祐三の絵は、病で早死する生涯の内圧もあってか、印象が強い。建物の描き方もそうとうエモーショナルで、筆先が画面をうねりながら飛び跳ねている。とくに壁に貼ったポスターの文字の描写に、それは顕著だ。

 

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る