世界潮流を読む 岡崎研究所論評集

2015年3月9日

 1月28日付の香港の英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストは、「習近平の最初の大軍事パレードは、日本と腐敗役人に対する抑止のため」という見出しで、今年の9月3日に中国北京で予定されている軍事パレードについて幾つかのコメントを引用して、解説しています。

 すなわち、複数のアナリスト達によると、第二次世界大戦終戦70周年を記念して、9月3日に北京で行われるとされる大規模軍事パレードは、中国の増大する国際的影響力と軍事力を誇示するとともに、習近平の政治権力を強化することになる。

 また、ある北京の退役将校によると、その軍事パレードは、習近平が党、政府および軍を完全に掌握していることを海外に誇示し、全国的な反腐敗キャンペーンが成功していることを強調するものとなるだろう。

 更に、マカオのある軍事専門家は、習近平の内外における権威をさらに高め、中国の軍事的近代化の成果が披露されるだろう、と言う。

 外国の首脳も軍事パレードに初めて招待される予定で、ロシアのプーチン大統領は既に出席を表明している。国務院のロシア発展研究センターのアナリストは、中露両国は、日本の平和憲法を支持し、安倍総理の憲法改正の動きを牽制する意図もあるのではないかと見ている、と報じています。

出典:Minnie Chan & Andrea Chen ‘Xi’s first grand military parade‘meant to deter Japan and corrupt officials”(South China Morning Post, January 28, 2015)
http://www.scmp.com/article/1693138/xis-first-grand-military-parade-meant-deter-japan-and-corrupt-officials

* * *

 上記の解説記事は、見出しの割には、日本がほとんど出てきません。記事の最後に一言、出てくるだけです。香港でも「日本」と「腐敗役人」が売れる見出しなのでしょう。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る