フジテレビ「月9」の安定飛行へ
「ようこそ、わが家へ」は異色のファミリー・サスペンス

沢尻エリカのフリーライターの謎は深まる


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

「月9」の愛称で知られる、フジテレビ月曜夜のドラマシリーズは「ようこそ、わが家へ」がいよいよ最終章(6月15日)を迎える。

 視聴率競争のなかで、フジの凋落がいわれて久しい。看板ドラマ枠もまた一時は低視聴率にあえでいた。

 木村拓哉が異色の検事役を演じる「HERO」、それに続く、小栗旬主演のタイムスリップ・ドラマの「信長協奏曲」、年が明けて杏の「デート~恋とはどんなものかしら~」、そして、今回のドラマに至って、「月9」はかつての安定飛行を取り戻したようである。

平凡な家族と、ストーカーの物語

 「ようこそ」は、書籍の装丁や百貨店の紙袋などさまざまなデザインをてがける、倉田健太(相葉雅紀)が、電車の到着を待つ乗客の順番を無視して乗り込もうとした、ニット帽の男を注意したことから始まる。

 いつもは気弱な健太がたまたまみせた勇気に、他の乗降客も応じて、その男は転倒する。そして、健太が自宅に向かうバスのなかで再び男の姿を見出すのだった。

 自宅の近くのバス停を避けて、その前で降りた健太を男は追いかけてくる。これが、健太の家族に対する、連続するストーカー行為の始まりだった。

 「これはどこにでもいるごく平凡な家族と、その家族を執拗に追いつめたストーカーの物語……」

 物語の展開を語るのは、たまたま健太がニット帽の男と争った駅に居合わせた、フリーライター・神取明日香役の沢尻エリカである。

 健太の父親は、銀行から出向して中小企業の電子部品メーカーの総務部長を務める、倉田太一(寺尾聡)、母親は庭の花づくりと陶芸教室に通うのが趣味の珪子(南果歩)、妹は女子アナウンサーを目指して就職活動中の七菜(有村架純)である。

 倉田家と家族に対するストーカー行為は、日に日に悪質になっていく。プランターの花がひっくり返され、自転車が傷つけられる。室内に入った形跡が明らかになる。金がいったんなくなるが返却される。盗聴器もみつかる。

1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍