未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」

“生涯未婚”と言われても……(後編)
50歳だから、結婚したい

にらさわあきこ (にらさわ・あきこ)  文筆家

NHKディレクターとして海外紀行番組や人気スタジオ番組などを多数手がけた後、文筆業に。幸せな生き方を追求して、取材・執筆活動を行う。本サイトでの連載に加筆修正のうえ、書き下ろし原稿を加えた『未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ』(ポプラ新書)のほか、500人の男女を取材して書いた『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)や、婚活する女性たちの姿を描いた『婚活難民』(光文社)、『婚活に疲れたあなたへ』(マガジンハウス)、『婚活の神様!』(幻冬舎)など著書多数。丁寧に心情に迫る取材姿勢に、定評がある。http://www.nirasawa-akiko.com/

未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」

毎年上がり続ける未婚率。2010年の国勢調査では、30代後半男性の35.6%、女性の23.1%が未婚で、50歳の時点で結婚していない人の割合を示す“生涯未婚率”は、男性が20.1%、女性が10.6%だった。このまま未婚者たちが増え続ければ、今後、私たちは「人口の半分近くが未婚」という未知の時代を迎えてしまうかもしれない。

このシリーズでは、未婚者たちにインタビューをすることで、未婚者が増えた背景を探ると共に、結婚したい未婚者たちが今後結婚をするためには、「誰がどんなことを行えばいいのか」、また、「結婚に縛られない“絆”にはどのようなものがありうるのか」などのヒントを探ってゆく。

 

»最新記事一覧へ

 

仕事を続けていきたいから……

 

 聞いていて、私は気がついた。

 彼女が条件で選びたいのは、「仕事を続けたいから」なのだと。

 ずっと仕事を続けていきたいから、「住む場所」が彼女にとっては大切なのだし、仕事のペースを落としたのだって、仕事と「一生付き合いたい」からなのだ。

 自分の年齢に合った仕事のペースを作るために、「一緒に歩むパートナー」が必要だと考えたから婚活を始めた……というと、流石に言い過ぎだろうか。

 いずれにしても、50歳になって初めて美智さんは結婚を求めた。

 そんな彼女におおぜいの男性が申し込んでいるのも事実で、今や50歳以上の結婚市場は確実に形成されている。

 “生涯未婚者”という言葉は、統計上では50歳以上の未婚者を指し示すものだが、現代の50代の男女に、生涯未婚でいるつもりの人はそれほど多くないのかもしれない。

画像:Wavebreak Media

追記:結婚相手紹介サービス大手のツヴァイによると50歳以上の会員数は、2000年度には男性が1000人弱で女性がおよそ300人だったものが、2014年度には男性がおよそ3500人、女性が1500人弱となっている。
会員数の中に占める50歳以上の会員割合は、2000年度は全会員26,629人(男女比は58:42)中、男性が6%、女性が3%だったのに対し、2014年度は全会員33,078人(50:50)のうち、男性が21%、女性が9%となっており、男女合わせた数字で見ると、2000年度の4.7%から2014年度は14.8%とおよそ3倍に増えている。

⇒第6回(11月配信予定)に続く。

*プライバシー保護のため、個人に関する事実については一部内容を変更しています。
 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

previous page
5
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「未婚大国ニッポン~“絆”のゆくえ 「まだシングル、ずっとシングル」」

著者

にらさわあきこ(にらさわ・あきこ)

文筆家

NHKディレクターとして海外紀行番組や人気スタジオ番組などを多数手がけた後、文筆業に。幸せな生き方を追求して、取材・執筆活動を行う。本サイトでの連載に加筆修正のうえ、書き下ろし原稿を加えた『未婚当然時代~シングルたちの絆のゆくえ』(ポプラ新書)のほか、500人の男女を取材して書いた『必ず結婚できる45のルール』(マガジンハウス)や、婚活する女性たちの姿を描いた『婚活難民』(光文社)、『婚活に疲れたあなたへ』(マガジンハウス)、『婚活の神様!』(幻冬舎)など著書多数。丁寧に心情に迫る取材姿勢に、定評がある。http://www.nirasawa-akiko.com/

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍