ネット炎上のかけらを拾いに

2016年5月31日

»著者プロフィール

 一部の報道によると、加害者は以前にも飲食店女性のブログをウォッチし、ストーカー行為をしていた過去があるという。また、有名女優のファンだった際には、女優が「ロマンポルノを見る」という発言をした後に「さすがにドン引き」「もう、無理」とブログ上に綴っていた。発信側からすればプライベートのごく一部だが、ファンだった加害者からすれば、対象女性のブログやツイッターは自分に対して開かれた少ない「窓」であり、そこに映し出される情報に対して、あるときは自分の願望を投影し、あるときは自分勝手な解釈でファンを辞めていたのだろう。

 ネット上で芸能人や有名人に対して異常な執着を見せ、延々とリプライを投げかけている人を見かけることは少なくない。これまでは「どうせネット上だけのこと」と見過ごされ、加害を行う人は近づきたくない存在として無視されることが多かった。しかし今回の事件をきっかけとして、ストーカー規制法がSNSでの行為も対象とされるよう改正を目指すという。事件が起こってからでないと法が作られないというのも歯がゆいものがあるが、ネット上での執拗な嫌がらせやストーカー行為について、被害側が被害を訴えやすい状況が整うことを願いたい。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る