ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2016年12月2日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

・主食(ご飯)を大盛りにしない。ご飯には塩分が少ない(パンや麺は塩分をたくさん含んでいる)が、食事量全体が増えると塩分摂取量が増える。

・漬物や佃煮は、できれば残す。定食には“おまじない”のように佃煮や漬物がついてくる。これらが悪いというわけではないが、完食しなければならないという物ではないので、できれば、残す。

・汁物は具だくさんの物を。お椀はなるべく小さな器を選ぶ(汁に塩分を多く含む)。

・食卓でかけるしょうゆやソースは必ず「まず味見をしてから」、不足であればかける。

・ちくわ、かまぼこ、さつまあげなどの水産練り製品に気をつける。これらには食塩がたくさん使用されてある(これらはしょうゆをつけずに食べる)。

外食の機会を減らす努力も

 外食をする場合は、その特徴を自覚して利用することが大切。財布との相談になるが「不足しがちな野菜類」を補足すること、逆に「過剰になりがちな塩分」を制限すること、の2つをつねに心がけよう。

 しかし現実的には、ここに書いてあることを外食店で実行するのは、かなり面倒だろう。基本的には「外食する回数を減らす」努力も怠らないようにしたい。

 

 

 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。   

 

関連記事

新着記事

»もっと見る