ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2017年1月10日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

 前回は「お酒の好きな人のための節酒法」というハードルの高い(笑)テーマにチャレンジした。お酒好きの人に「量を減らせ」といってもなかなか聞き入れないが、いっしょに食べる料理、いわゆるおつまみの種類や量を変えることなら「聞く耳を持つ」はずなので、今回のテーマは宴会時の食事法。

おつまみは高塩分・高カロリー

iStock

 基本的に「おつまみはカロリーか塩分(あるいはその両方)が多い」ことを肝に銘じておこう。料理は多種多様なので一概にはいえないのだが、一般的には「和風のおつまみは塩分が高く、洋風のおつまみはカロリーが高い」ことが多い。また、これも個人の好みなので、やはり一概にはいえないが「ウイスキーなどの強いお酒には高塩分のおつまみが合い、ビ-ルなどの弱いお酒には高カロリーのおつまみが合う」傾向にある。

 合う物(合いすぎる物)ばかりを選んでいると栄養的に偏ったり過剰摂取につながる。何よりも、アルコールが進む(進みすぎる)。酒のおつまみとはいえ、和風・洋風・中華風などをバランスよく頼みたい。お酒の種類とおつまみの相性(日本酒には和風料理、洋酒には洋風料理、中国酒には中国風料理等々)を重要視する人は、「飲み会」ごとに違う種類のお店(和風店、洋風店、中国風店等々)を選択するようにしよう。

加熱野菜料理を最初に頼む

 おつまみを頼む際に見るメニューは「野菜料理から先に見る」クセをつけよう。そして「加熱した野菜料理(できれば煮物か焼き物か蒸し物)」を最初に頼む。そのあとで好きな物を注文する。

 理由は、好きな物を最初に頼み、あとで(健康のことも考えて)野菜を頼もうとすると、頼み忘れることがあるから。加熱野菜系のおつまみを、最低一品は注文したいので、最初に選ぶ。また、一般的に早く頼んだ物は先に出てくることが多いので、野菜物を最初に食べることにつながるだろう。アルコールの吸収速度や血糖値の上昇速度を少し遅くするのに役立つ。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る