ビジネスパーソンのための「無理なく実践!食育講座」

2017年3月6日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐藤達夫 (さとう・たつお)

食生活ジャーナリスト

1947年5月30日、千葉県千葉市生まれ。1971年北海道大学水産学部卒業。1980年から女子栄養大学出版部へ勤務。月刊『栄養と料理』の編集に携わり、1995年より同誌編集長を務める。1999年に独立し、食生活ジャーナリストとして、さまざまなメディアを通じて、あるいは各地の講演で「健康のためにはどのような食生活を送ればいいか」という情報を発信している。日本ペンクラブ会員、女子栄養大学非常勤講師(食文化情報論)、食生活ジャーナリストの会事務局長。主な著書共著書に『食べモノの道理』(じゃこめてい出版)、『栄養と健康のウソホント』(一般社団法人家の光協会)、『これが糖血病だ!』(女子栄養大学出版部)、『安全な食品の選び方・食べ方事典』(成美堂出版)、『野菜の学校』(岩波書店)、『新しい食品表示の見方がよくわかる本』(中経出版)ほか多数。講演活動では、「あなたはなぜやせられないか?」「生活習慣病は自分で治す」など肥満や糖尿病のメカニズムや、「健康長寿のための食事と生活」という食生活と健康にまつわる最新情報を、医師の視線ではなく、一般の人にわかりやすいことばで提供する。あるいは、健康を保つ上で欠かせない技術としての「安全な食品の選び方」や「食品表示の見方」あるいは「健康にいい野菜の栄養情報」を、やさしく解説する。また、長年、女性雑誌を編集してきた立場から、「男性の家事が社会を変える」「中高年からの二人暮らし」などのテーマで、男性の家庭内自立を説く。

 前回は「野菜を食べるという食習慣」の重要性を書いた。かといって「野菜の栄養成分は重要ではない」ということではない。食べ物(野菜に限らず)と健康との話をする場合は、つねに「栄養」と「食習慣」という2つの側面からとらえなければならないということだ(さらには、ここではあまり触れることがないが、3つ目として「食文化」の側面も忘れてはならない)。というわけで、今回は最初に野菜の栄養素の話から始めよう。

野菜に期待する栄養成分はビタミンCと食物繊維

 ビジネスパーソンの皆さんは「野菜に期待する栄養素」といえば何を思い浮かべるだろうか?「期待などしてない」という人がいたら、「野菜に含まれる栄養素って何?」といいかえてもよい。多くの人はビタミン類やミネラル類と答えるだろう。もう少し知識(興味)のある人なら「それに加えて食物繊維」というかもしれない。

iStock

 正解!(もっとも、これは小学生レベルの問題といっても過言ではないが)。野菜(や果物)にはビタミン類やミネラル類、そして食物繊維が豊富に含まれている。野菜をたくさん食べれば、ビタミン類・ミネラル類・食物繊維等が摂取できる。

 しかし、意外に思うかもしれないが、ビタミン類やミネラル類の多くは、野菜にだけではなく、他の食品(肉類や魚類や穀類等々)にもけっこう含まれている。では、他の食品にはあまり(ほとんど)含まれてはおらず、野菜から摂取しなければならない栄養成分というのは何になるだろうか? それはビタミンCと食物繊維だ。

 このうちビタミンCは、多くの日本人では不足してない栄養成分である。まれに、よっぽど野菜(や芋類)を食べない人、あるいはアレルギー等で柑橘類をいっさい食べられない人などでは、ビタミンC不足の人があるが、平均的には充分に足りている。とすると、現代日本人が、栄養的に、野菜に期待する成分というのは食物繊維だと考えてよい(あくまでも統計的な平均値での論理。つまり、多くの人はこれに当てはまるが、まれにはそうでない人もある)。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る