定年バックパッカー海外放浪記

2017年3月20日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年生まれの62歳。横浜生まれ、神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

フォート・リーの退役将兵のパレード

 35年前のニューヨーク駐在時代に住んでいたフォート・リーという町では毎年ベテランズ・デー(退役軍人の日)になると百人くらいの従軍経験の或る中高年の男性が勲章を付けて正装して高校生のブラスバンドに先導されて町の目抜き通りをパレードしていた。現在でもベテランズ・デーには各地で同様のパレードや記念行事が開催されている。

サンディエゴ軍港で修理中の空母。浮きドックを使用して作業。残念ながら一帯は立ち入り禁止地区であり遠景しか撮影できず

 2016年12月に安倍首相は当時のオバマ大統領と真珠湾を訪問して両国の和解と同盟関係を世界中に宣言したが、米国市民が太平洋戦争を忘れるということはないだろう。現在でも普通の若者が世界中で命を懸けて戦っている米国では過去の戦争の記憶や戦没者の功績は風化することはないだろう。


⇒第3回に続く

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る