空爆と制裁

元モスクワ特派員が見た戦時下のキーウとモスクワ

黒川 信雄:著
Coming soon
空爆と制裁
空爆と制裁
元モスクワ特派員が見た戦時下のキーウとモスクワ
黒川 信雄:著

なぜロシアは戦争を続けるのか。なぜウクライナは抗い続けられるのか。 開戦後、ロシアとウクライナそれぞれに渡り、人々の本音に迫った。

定価:1,540円(税込み)
新書判 約320ページ
発売日:2024年 3月19日
ISBN:978-4-86310-280-4
リンクをコピーしました

◎なぜロシアは戦争を続けるのか。なぜウクライナは抗い続けられるのか。

開戦後、ロシアとウクライナそれぞれに渡り、人々の本音に迫った。
    
――――――――――――――――――――――――――――――――――

2022年に始まったウクライナ戦争は、いよいよ3年目に突入しようとしている。なぜ、プーチンは戦争を続けるのか。なぜ、ゼレンスキーは抵抗を続けられるのか。そして、この戦争はどこに向かおうとしているのか。それは、両国の国民の声に耳を傾けることで、明らかになる。
「ロシア軍にはこれだけの目にあわされてきた。だから、絶対に負けるわけにはいかないんだ」(キーウの男性)
「今はね、何もしゃべらないほうがいいのよ。何かをしゃべるには、あまりにも危険だわ」(モスクワの女性)
開戦から数カ月後、戦争当事国となったウクライナとロシアに、記者は飛んだ。毎日のように空爆が続くキーウで、西側からの制裁で世界から孤立したモスクワで、彼らは何を思うのか。産経新聞記者元モスクワ特派員によるルポルタージュ。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

<本書の目次>

●はじめに
●プロローグ
●第一部 二つの首都
・第一章 空爆下のキーウ
・第二章 制裁下のモスクワ
・第三章 変貌するロシア経済
●第二部 二人の大統領
・第四章 狂気の皇帝 プーチン
・第五章 屈辱の大統領 ゼレンスキー
●エピローグ
●おわりに

 

※内容は予告なく変更となる可能性がございます

著者プロフィール
黒川 信雄 (くろかわ のぶお)

イギリス・ウェールズ大学ジャーナリズム学部修士課程修了。ロイター通信財団、日本工業新聞社を経て、産経新聞社入社。経済部、外信部を経て2014年11月から18年1月までモスクワ特派員。現在は大阪経済部記者。

シェアする
リンクをコピーしました
ウェッジブックス 政治・経済 空爆と制裁

編集部おすすめ

書籍を探す
閉じる

全国の書店、またはネット書店よりご購入ください。

Amazon
紀伊国屋書店
7net
楽天
honto
ehon