海野素央の Love Trumps Hate

2017年11月4日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

アジア歴訪とロシア疑惑

 トランプ大統領は、今月3日から14日までの日程でアジアを歴訪するために、ホワイトハウスを空けることになります。この間、ロシア疑惑に関する捜査が進展する可能性があります。

 パパドポロス氏が何を証言するのかは、トランプ大統領の懸念です。マナフォート氏も司法取引をすれば、同大統領の不安は一層高まります。3人の元側近の起訴に続いて、捜査対象となっているフリン氏が起訴されれば、次はいよいよ身内であるクシュナー氏及びジュニア氏に捜査の重点が移ることは必至です。

 アジア歴訪中、トランプ大統領は私的な弁護士チームからロシアゲート疑惑に関する報告を必ず受けます。選挙期間中、ロシア政府と関係があると言われているロシア人女性弁護士と面会をしたクシュナー氏並びにジュニア氏は、すでに「灰色」になっています。

 一方、トランプ大統領の長女イバンカ氏は、ロシア疑惑と接点がないと見らえており「白」です。トランプ大統領は、血縁の中でも最も信頼がおけるイバンカ氏からロシア疑惑に関する報告をさせるために、今回の訪日を短縮してワシントンに戻したとみるのが妥当でしょう。親族ないしトランプ大統領自身が起訴されれば、政権そのものが「フェイク(偽)」になってしまうほど、ロシア疑惑は深刻な問題なのです。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る