Wedge REPORT

2019年1月23日

»著者プロフィール

WBC連覇と日本一を同時に達成

 この2009年の第2回WBCに臨む侍ジャパンの監督候補には当初、複数の候補者たちがNPB側や有識者たちから挙げられていたものの最後の最後まで調整は難航。多くの人たちは「連覇が当たり前とされるチームで、しかも日本人メジャーリーガーを含めたスター軍団をまとめる役割は余りに荷が重過ぎる」と就任に難色を示していた。

 その中でWBC日本ラウンドを主催する読売新聞社の強力な後押しもあって監督就任の命を受けたのが、当時の巨人を率いていた原監督であった。おそらく内心では人気球団ジャイアンツと日本代表の兼任監督という激務を引き受けることはできれば避けたかったであろうが、政治的背景もあって断れなかったのが本音であろう。

 それでも原監督は持ち前の超プラス思考でオファーを受諾すると対話路線を重視し、スター軍団を見事にまとめ上げてチームを2大会連続の世界一へと導いてみせた。このチームで絶対的存在だったマリナーズのイチローも後に「それまでほとんど面識がなかったはずなのに、あれほどフェース・トゥ・フェースで接する人は球界広しと言えど記憶にない」と原監督の手腕に感心しながら述懐している。

 日の丸を背負うプレッシャーや過度な期待値をものともせず例え初対面であろうがスーパースターたちに臆することなくフレンドリーに接し、自分の考えを貫いて統制できる能力は、ある意味でこの人の〝専売特許〟と言っていいかもしれない。

 そして、さらに特筆すべきは2008年シーズンで阪神に最大13・5ゲーム差をつけられながら最後は逆転優勝を成し遂げ、第2回WBCで2大会連続制覇を果たした2009年も巨人をリーグ3連覇、7年ぶりの日本一を達成したことだ。何だかんだと言われながらも兼任監督として求められた結果をしっかりと残しているのである。

 さて、その原監督はかつてないほどの逆風を浴びせられながら、3度目の就任となる今季はどのような戦いを見せるのか。高橋由伸前監督の時代に育成されて一人前になりつつある岡本和真内野手ら生え抜き若手選手をベースに巨大補強で上積みした戦力を駆使できなければ、今季終了後は確実に自身の進退問題へと直結するであろう。ただ何度も言うが、その腹はとうに据わっているはずだ。これまで過去に発揮してきたマネジメント能力の高さと何事にも動じない図太い神経が噛み合えば、おのずと原巨人の5年ぶりVは見えてくる。

 炎上上等。さまざまな観点から百戦錬磨の指揮官と言い切れる原監督がヒールの立場を受け入れ、猪突猛進するレアな姿に今季は大きく注目したい。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る