あの挫折の先に

2012年11月20日

»著者プロフィール
著者
閉じる

夏目幸明 (なつめ・ゆきあき)

ジャーナリスト

1972年、愛知県生まれ。愛知県立豊橋工業高校から早稲田大学へ進学、卒業後、広告代理店に入社し、その後、雑誌記者へ。小学館『DIME』に『ヒット商品開発秘話 UN・DON・COM.』を、講談社『週刊現代』には、マネジメントの現場を描く『社長の風景』を連載。ほか、明治学院大学講師をつとめ就活生の支援を行う。『資格の学校TAC』では、就活生と一緒にエントリーシートを書き、面接練習を行う講座を持つ。
執筆記事:「社長の風景」(現代ビジネス)、「火力発電所奮闘記」(『VOICE』)、「ビジネスの筋トレ」(『フレッシャーズ』)、「就職活動セミナー」(『資格の学校TAC』)

第7回 キリン一番搾り「フローズン<生>」開発者
キリンビール株式会社 マーケティング部商品担当 
田代美帆さん(28)

 キリンビールの『一番搾り フローズン<生>』が人気を博している。タレントの蒼井優さんが、まるでソフトクリームのような泡を湛えた生ビールを飲むCMでご存じの方も多いだろう。-5度のシャリッとした泡がグラスを覆い、ゴクッと飲んだ瞬間、今までにない食感に驚かされる。同時に泡がフタの役割を果たし、ビールの飲み頃の冷たさを30分程度キープする役割を果たす。

 開発者・田代美帆は、明るく快活な人物だ。

たしろ・みほ/06年にキリンビール入社。
07年にマーケティング部へ異動し、「キリン一番搾り」を担当。

 「実は、福岡ドームでビールを売る仕事をしていました。あの、樽を背負うバイトです(笑)。6時に試合が始まり、次第に盛り上がってくると、明らかに元は知り合いじゃなかったおじさん同士がすごく仲良くなっていたり、ひいきのチームが点を入れると、応援団の方たちが上機嫌になって周囲にビールをふるまい始めたり……。ビールが人と人の輪を広げていく感じがとても好きで、就職活動の時、キリンビールに入社したいと思ったんです」

「へぇ!」と「ふぅ~ん↓」の
違いに敏感であれ

 1年目、彼女は神戸で営業を担当した。彼女の仕事は、スーパーマーケットなどの小売店の人と一緒に、キリンビールが売れる売り場を作ること。最初の半年は大変な日々だったようだ。

 「スーツを着てスーパーを訪ねたら、お店のおばちゃんに『何でスーツなん?(力仕事を手伝うつもりないでしょ? という意味)』とにらまれたりしました。『バーコードも読めない女の子が来ちゃった』と言われてしまい、営業車の中で泣いたこともありました。実は私、泣き虫なんです(笑)」

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る