壇蜜が人生の最期に聴きたい曲とは
NHK Eテレ「ミュージック・ポートレート」

異色の組み合わせが奏でる「自分史」の魅力


田部康喜 (たべ・こうき)  東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

田部康喜のTV読本

月刊WEDGEに2008年6月号まで約10年間、110回にわたって連載したコラム「読むテレビ」が、インフィニティで復活します。 コラムを読んでくださった方が、そのテレビ番組を見なくても番組について語れるようになる、というコンセプトは変わりません。大きな転換期にさしかかっているテレビ界。スマートフォンやスマートパッドの登場によって、映像コンテンツの価値はより高まっていると思います。ぜひご覧いただきたい番組をご紹介してまいります。掲載回数は月に2回で、第1・第3水曜日にアップ予定です。

»最新記事一覧へ

壇蜜は不思議な経歴をもった、突然のように現れた女優である。大ヒット作「半沢直樹」、粉飾決算をする企業の愛人役をこなした。最初の主演映画「私の奴隷になりなさい」(2012年)で映画にも進出している。

 壇はさまざまな職業遍歴を遂げたのち、29歳でグラビア・アイドルデビュー、またたくまに、テレビや映画に出演、雑誌のカバーを飾っている。

 NHK Eテレの毎週木曜日の深夜枠「ミュージック・ポートレート」に、壇は、「相棒」の鑑識係役として知られる、俳優の六角精児とともに出演した(6月12日、19日)。

 この番組は、デザイナーや編集者、美術家などさまざまな分野で活躍する2人の人物が登場する。それぞれが人生の岐路で自分の道筋を決めたり、生きる支えになったりした曲を10曲ずつ紹介しながら、「自分史」を語る。

 ふたりで2週の登場で、私が観た回は「第2夜」であった。

居所がなかった自分に与えられた場

 第1夜の幼少時代から女優に至るまでの人生を振り返って、ナレーションは「(壇が)小学生時代からひとりぼっちのトラウマを抱えていた」という。

 「負け犬根性でしたね」「タブーとされる、不謹慎ですが死に興味があったんです」

 大学を卒業後に死に興味を抱き、葬儀専門学校からいわゆる「おくりびと」として働いた。

 女優のデビューには「神話」がともなう。壇の自分史は、これまでの女優のそれとはまったく異にしている。

 グラビアモデルに応募したのは、「アルバイトの感覚です。街角でティッシュを配るように、少しでもおカネが入れば生活が楽になると思って」

 彼女が選んだ10曲は、番組のホームページで詳細がご覧にいただけます。他の出演者についても同様です。

次のページ >> 下積み時代の心の痛み
1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「田部康喜のTV読本」

著者

田部康喜(たべ・こうき)

東日本国際大学客員教授

福島県会津若松市生まれ。幼少時代から大学卒業まで、仙台市で暮らす。朝日新聞記者、朝日ジャーナル編集部員、論説委員などを経て、ソフトバンク広報室長に就任。社内ベンチャーで電子配信会社を設立、取締役会長。2012年春に独立、シンクタンク代表。2015年10月から東日本国際大学客員教授として地域振興政策を研究、同大・地域振興戦略研究所副所長を兼務。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍