チャイナ・ウォッチャーの視点

2014年10月7日

»著者プロフィール
著者
閉じる

城山英巳 (しろやま・ひでみ)

時事通信社外信部記者

1969年生まれ、慶應義塾大学文学部卒業後、時事通信社入社。社会部、外信部を経て2002年6月から07年10月まで中国総局(北京)特派員。 外信部を経て11年8月から2度目の北京特派員。11年、早稲田大学大学院修士課程修了。現地での中国取材は10年に及ぶ。16年5月に帰国し、現在外信部記者。近著に『中国 消し去られた記録〜北京特派員が見た大国の闇』(白水社)、著書に『中国臓器市場』(新潮社)、 『中国共産党「天皇工作」秘録』(文春新書、「第22回アジア・太平洋賞」特別賞受賞)、『中国人一億人電脳調査』(文春新書)がある。14年に戦後日中外交史スクープで13年度「ボーン・上田記念国際記者賞」を受賞。

 公判でもイリハム氏は主張を少しも曲げなかった。法廷の様子は新疆の地元テレビのほか、国営中央テレビでも放映され、拘束前に比べて痩せ、髪の毛も薄くなったイリハム氏の姿は衝撃を与えた。しかしウイグル族の権利擁護のために立ち上がった知識人の気迫は、画面を通じて伝わってきた。

「中国の未来のために声を上げた」

 無期懲役の判決を受けた翌24日、李方平氏はイリハム氏と接見した。その際、イリハム氏はこう語ったという。

 「私はわれわれの民族、そして中国の未来のために声を上げたのだ」

 「私は獄中に入る前、自分がこんな過酷な環境に耐えられるか、また自分の良心や友人・家族を売ってしまうのではと心配していたが、堪え切った」

 「これからの獄中生活は、私がこれまで経験していないことであるが、これがわれわれの生活であり、私の経歴になるのだ。私には、自分の人生がどれだけ長く続くのか分からない。しかし私は勇敢であり、そんなに弱くはない。もし自殺や自傷の噂が流れれば、それは虚偽である」

 「判決文の内容を見て、私は逆に、さらに大きな責任を背負わなければならないと思った」

 「私は既に離れてしまったが、陽光を期待しており、未来を期待している。私は中国がもっと良くなると堅く信じており、憲法に基づきウイグル人の権利は尊重されなければならないと信じている」

 「平和は、天がウイグル族と漢族の人々に与えた贈り物。ただ平和と善意があってこそ、お互いの共同利益を創造できる」

 「私は24時間、足かせをはめられ、(拘束以降)8カ月間でたった3時間だけ足かせを外して歩けた。6人の漢族受刑者と一緒の部屋にいる。境遇は厳しくないとは言えないが、同様に国家分裂罪に問われた同族被告に比べれば、私は幸運であるのは疑いない。なぜなら私には自分で委託した漢族の弁護士が出廷して私を弁護してくれる。家族が傍聴でき、私は自分で話したいことを述べた。私はこの案件を通じて新疆の法治化を推し進めたいと望む。たとえ少しずつであっても」

関連記事

新着記事

»もっと見る