障害者アスリート~越えてきた壁の数だけ強くなれた

“インクルーシブ教育”で共生社会実現へ 障がい者と健常者の相互理解を
横浜国立大学教育人間科学部附属特別支援学校&附属横浜中学校

大元よしき (たいげん・よしき)  ライター

1962年東京生まれ。外資系IT企業からライターに転身。スポーツのほか、歴史関連も執筆中。著書に『あの負けがあってこそ』『命のバトン―自閉症児と個性派不登校児の教室』『1万回の体当たり―タックルマン石塚武生 炎のメッセージ』(以上ウェッジ)、『一緒に見上げた空』(扶桑社)。

障害者アスリート~越えてきた壁の数だけ強くなれた

世界最高峰の障害者スポーツ大会『パラリンピック』を目指すアスリートたちの「乗り越えてきた壁」に焦点を当て、スポーツの価値や意義を問うと共に障害者アスリートを取り巻く環境について取材していく。

»最新記事一覧へ

選手からのメッセージ“みんなもチャレンジしよう!”

自己紹介をする選手たち

 「みんな楽しんでくれたみたいですね、私たちも嬉しいです。私たちはそれぞれに障がいを持っていて、その度合いによって、できることとできないことがあります。ですが、この競技用の車椅子には、いろいろな工夫がなされていることと、選手たちが体を鍛えることによって、今日見てもらったようなウィルチェアーラグビーができています。自分にはできそうもないと思っていたことでも、工夫をしたり、努力することによって、できるようになるものがたくさんあるはずです。だから、みんなもいろいろなことにチャレンジしてください」と参加選手を代表して峰島靖氏はメッセージを送った。

 授業が終わって選手が控室用の教室に引き上げると、生徒たちはそれぞれの教室に戻る途中で、「カッコ良かった~」とか「また来てね」と声を掛けたり、手を振ったり、初めて接した選手たちに憧憬の眼差しを向けていた。

 峰島氏いわく「私は普及担当なので各地に行きますが、特別支援学校と普通中学校の生徒たちがいっしょに体験会を行うのは初めてです。でも全く違和感のようなものはなくて、みんなが競技を楽しんでくれたんじゃないかと思いますし、初めての体験でいろいろなことを感じてくれたと思います。

 競技を知ってくれた上で機会があれば僕たちが真剣にやっている試合を観てほしいですね。今日とは違ったことを感じてくれるはずですから。文部科学省が進めているこうした授業は初めてですが、お互いのことを知ることも大切でしょうし、私たちのような車椅子の人のことを知ってもらう良い機会にもなったと思います」

広がる活躍の場

 2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催が決まり、2016年のリオデジャネイロが近づくにつれ、障がい者スポーツやアスリートたちの注目度が高まりメディアに露出する機会が増えている。また、各地で様々な競技の体験会が行われるようにもなってきた。それは競技の認知度を高めるのみならず、障がい者の理解にも繋がり、アスリートとしての活躍の場を広げ、社会的地位向上という良い効果を生み出している。

 こうした機会に選手たちが対応できるようになったのも、「アスリート雇用」などによって職場環境や練習環境が変わってきたことが背景にある。企業としては障がい者の法定雇用率を高め、社会貢献に繋がるために障がい者アスリートを雇用するケースが増えてきている。またダイバーシティをテーマに障がい者の理解を深め、より良い職場環境を目指した社内活動に取り組んでいる企業もある。

次のページ >> 目指すは「共生社会」
previous page
2
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「障害者アスリート~越えてきた壁の数だけ強くなれた」

著者

大元よしき(たいげん・よしき)

ライター

1962年東京生まれ。外資系IT企業からライターに転身。スポーツのほか、歴史関連も執筆中。著書に『あの負けがあってこそ』『命のバトン―自閉症児と個性派不登校児の教室』『1万回の体当たり―タックルマン石塚武生 炎のメッセージ』(以上ウェッジ)、『一緒に見上げた空』(扶桑社)。

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍