定年バックパッカー海外放浪記

2016年9月4日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年生まれの62歳。横浜生まれ、神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

 私は近くのスーパーで夕食用に缶詰を買って来て電子レンジを使用したいと厳格そうなおじさんに申し出た。しかし「キッチンはスタッフ専用であり電子レンジもゲストは使用不可という規則である」とにべもない。ビーフシチューの缶詰なので温めずに食べるのはつらい。他のゲストがいないときに親切そうなおばさんのスタッフに「一分だけお願いします」と泣きついた。

中世からの町Puente La Reina「女王の橋」の公共宿の中庭で国際貿易専攻の韓国女子ドミニク嬢と

 彼女は規則違反だけど念のために代表と相談してみると事務所に行った。なんと先ほどの厳格おじさんが代表であった。おじさんは勿体つけて「特別に一分間の使用を許可する」と判決を下した。

 玄関の壁に貼られていた標語を見て納得した。“WALK,EAT,SLEEP,REPEAT”(歩け、食べろ、眠れ、それを繰り返せ)と書いてあった。軍隊の様に厳格な組織運営がこの慈善宿に適用されているのであった。

オックスフォードの看護師ヘレン
@ナバラ州エストレージャ(Estrella)

左からマイク、看護師ヘレン、仏人のエレンの四人でマイクの手料理で夕食

 6月5日 午後2時頃エストレージャの公共巡礼宿に到着するとピレネー越えのナポレオンの道で出会った7~8人の欧米人のグループと再会。米国人のマイクが共同キッチンで料理の下ごしらえを始めていた。なかなか手際が良い。他の四人は外食に出かけて結局マイク、オックスフォードの看護師ヘレン、米国人のエレンと巡礼宿の庭のテーブルでディナーとなった。ナバラ州の赤ワインを飲みながらの夕食。

 数日前にロンセボーの公共宿の共同キッチンで朝食を準備しているとき看護師のヘレンと話したことを思い出した。ヘレンは何か心に重荷を抱えているように思えた。彼女は看護師資格を取得してから大きな公立病院で働いていた。長時間労働に加えて変則的な夜勤が多く心身共に疲れてしまったのだと。それで現在の個人経営の診療所に転職したという。

関連記事

新着記事

»もっと見る