『山旅々』編集者の「山旅のすすめ」

2016年10月18日

»著者プロフィール
著者
閉じる

柳原一信 (やなぎはら・かずのぶ)

ウェブマガジン『山旅々(やまたびたび)』編集担当

登山に出かけ、その山に属する町・食・人を知る『山旅』を楽しむ。背景にひそむ歴史や文化を知ることで旅路に奥行きある時間を作ることが好き。趣味は登山以外にトレイルランニングやテンカラ釣り、キャンプとアウトドア全般を楽しみ、遊びのスタイルやアクティビティに関する様々な情報発信している。(ウェブマガジン『山旅々』http://yamatabitabi.com/)

カリフォルニアの地に降り立った時代

写真を拡大 大都会サンフランシスコの近郊に奇跡的に残っているレッドウッドの森で、ジョン・ミューアの名前を冠した国定公園「ミューアウッズ」

 彼の生涯からシエラネバダという地を切り離すことはできません。彼はシエラネバダの山の虜になり、この山が織り成す美しい植物群や渓谷の威容、それらが原動力となり自然保護活動に繋がったのだと思います。このシエラネバダにあるヨセミテ渓谷との出会いは放浪の道中、友人から見せてもらったパンフレットだったようです。

「一度目にしてみたい」

 そう思った彼は1868年にカリフォルニアの地を踏みます。この時代は、アメリカ合衆国という大きな単位でみるとカリフォルニアというのは西の果てのフロンティアだったんです。サンフランシスコにおいては文頭にお話したゴールドラッシュにより1850年に3万5千人、ミューアが到着した68年に15万人になっています。この頃ロスアンゼルスで5千人という時代ですから驚きです。 

 その1年後、1869年には大陸横断鉄道が完成し太平洋と大西洋が1本の鉄道でつながりました。こうしてカリフォルニアがアメリカ合衆国の中枢に引き寄せられる。これによってアメリカ経済の目線というのが広がるんですね。いわゆる鉄路の先にあるアジア・オセアニアまで広がるんです。この1869年は日本では何が起きていたのでしょう? そう明治維新の翌年というこちらも波乱万丈な時代だったわけです。

 ジョン・ミューアはサンフランシスコで「もうすぐ鉄道が開通する」という商業主義に塗り固められた町の中にいて強い憎悪を感じていたようです。逃げるようにオークランドの地を踏み、その後ヨセミテ渓谷へ向かったという事です。

写真を拡大 伐採され朽ち果てたレッドウッド

 *  *  *

『山旅々』は登山・山あそびがもっと楽しくなるウェブマガジンです。発信する情報は山でのアクティビティとして、登山、バックカントリー、トレイルランニングに興味のある方々が「より楽しい」「より充実できた」と思えるコンテンツを扱っています。
http://yamatabitabi.com/

 

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る