海野素央の Love Trumps Hate

2018年1月26日

»著者プロフィール
著者
閉じる

海野素央 (うんの・もとお)

明治大学教授、心理学博士

明治大学政治経済学部教授。心理学博士。アメリカン大学(ワシントンDC)異文化マネジメント客員研究員(08~10年、12~13年)。専門は異文化間コミュニケーション論、異文化マネジメント論。08年及び12年の米大統領選挙においてオバマ陣営にボランティアの草の根運動員として参加。16年米大統領選挙ではクリントン陣営に入る。著書に「オバマ再選の内幕―オバマ陣営を支えた日本人が語る選挙戦略」(同友館)など多数。

 ABCニュースとワシントン・ポスト紙の同調査では、50%が2016年米大統領選挙でトランプ陣営のメンバーがロシアと「共謀した」と答え、40%が「共謀していない」と回答しています。米国民は疑いの目を向けており、トランプ大統領は一向に疑惑を晴らすことができません。フェイクニュース大賞の効果は、FOXニュース以外の主要メディアをフェイクであると信じているトランプ信者をつなぎ止めるのみで、極めて限定的であるといえます。

トランプの健康診断

 トランプ大統領の主治医であるロニー・ジャクソン氏は、16日ホワイトハウスで同大統領の健康診断の結果について「健康状態は極めて良好で、認知機能も正常」と、記者団に説明しました。トランプ大統領自ら「認知機能障害の検査を受けたい」と、語ったというのです。

 ジャクソン氏は「すべての検査結果は、大統領が非常に健康で、任期を全うできることを示している。2期目も大丈夫」と結論づけました。しかも、同氏は「トランプ大統領は、神が与えた素晴らしい遺伝子をもっている」とまで主張して太鼓判を押したのです。約1時間にわたる検査結果の説明の意図は、ホワイトハウスによるトランプ大統領に対する情緒不安定説の払拭でした。

 しかし、ホワイトハウスの狙い通りにはいきませんでした。ABCニュースのセシリア・ベガ記者は「大統領は認知症の初期段階にあるのではないか」と、質問を投げかけました。もちろん、ジャクソン氏は「極めて良好」の立場を崩しませんでした。

 CNNのジム・アコスタ記者が注目したのが、ジャクソン氏がトランプ大統領の認知機能障害を検査するために用いた「モントリオール認知評価検査」でした。この認知評価検査は、注意機能、集中力、記憶などの認知機能を評価します。例えば、同検査(日本語版)では動物の名前をあげたり、午前11時10分を示した時計を描きます。立体を書き写すことができるのか、読み上げた5つの単語を覚えているのか、などの検査も行います。10分間の検査で、30点満点です。

 ホワイトハウスでの記者会見でジャクソン氏は、「トランプ大統領は30点満点であった」と述べました。これにアコスタ記者は反応し、同認知評価検査は精神障害検査ではない点を確信したのです。ホワイトハウスの記者団は、主治医の説明にまったく納得していない様子でした。

関連記事

新着記事

»もっと見る