WEDGE REPORT

2019年6月5日

»著者プロフィール
閉じる

崔 碩栄 (チェ・ソギョン)

ジャーナリスト

1972年韓国ソウル生まれ。韓国の大学で日本学を専攻し、1999年渡日。関東地方の国立大学で教育学修士号を取得。日本のミュージカル劇団、IT会社などで日韓の橋渡しをする業務に従事する。現在、フリーライターとして活動、日本に関する紹介記事を中心に雑誌などに寄稿。著書に『韓国人が書いた 韓国で行われている「反日教育」の実態』(彩図社刊)、『「反日モンスター」はこうして作られた-狂暴化する韓国人の心の中の怪物〈ケムル〉』(講談社刊)がある。

韓国では擁護論も

 現在韓国のネット上には優勝トロフィーに足を乗せている欧米の有名選手たちの写真と共に「侮辱ではなく一つのパフォーマンスだ。中国が過剰反応している」との擁護論が出回っている。確かに有名選手たちがトロフィーに足を乗せている過去の写真だが、それが物議を醸したという話は聞いたことがない。

 もし、相手が日本だったら、「謝ることではない」「日本の言いがかり」などその擁護論の声はもっと大きかっただろう。逆に2012年ロンドンオリンピックのパフォーマンスの相手が中国だったら韓国が謝罪する声はもっと早くて大きかったに違いない。

 今回の事件はまだ幼い選手たちが起こしたリスペクトが欠けている愚行であることは間違いないが、同時に韓国内のスポーツ教育、そして現在韓国が取っている外交の立ち位置を明確に示してくれた事件ではないかと思う。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る