WEDGE REPORT

2012年1月20日

»著者プロフィール
著者
閉じる

岡崎久彦 (おかざき・ひさひこ)

NPO法人岡崎研究所所長・理事長。1930年大連生まれ。52年、東京大学法学部在学中に外交官試験に合格し外務省入省。外務省情報調査局長、駐タイ大使などを歴任し、92年に退官。著書に『隣の国で考えたこと』(78年日本エッセイスト・クラブ賞)、『国家と情報』『戦略的思考とは何か』『陸奥宗光とその時代』以下日本近代政治外交史5巻本などがある。

 それには地政学的条件もある。歴史上日本の安全が危機に曝されたのは、朝鮮半島南部が敵対勢力に支配された時である。今に残る北九州の堡塁は白村江の敗戦とモンゴルの朝鮮半島制覇の名残りである。自衛隊の発足は、北朝鮮軍が釜山に迫った時であった。日清、日露戦争の時は朝鮮半島全土が敵対勢力におさえられる危機だった。

 しかし今は朝鮮半島南部には、米国と同盟する確固たる自由民主主義国が存在していて日本に対する直接の脅威は無い。重要なのは日米韓の間の友好協力関係である。

 かつて、金大中、盧武鉉のリベラル政権の時は、北朝鮮、中国への傾斜が有ったが、それは無責任リベラルな政治的姿勢だけであって国際政治の現実とは無関係であったので、さして心配する必要は無かった。日米韓の協力体制構築に積極的だった李明博政権の後は懸念されるが、地政学的条件そのものには変化はないし、あり得ようもないと思う。

 

◆WEDGE2012年2月号より


 




「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
週に一度、「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

新着記事

»もっと見る