40代からの脳力の磨き方

2009年3月27日

»著者プロフィール
閉じる

久保田競 (くぼた・きそう)

東京大学医学部を卒業後、同大大学院で脳神経生理学を学ぶ。1967年に京都大学霊長類研究所で助教授から所長を歴任し、京都大学を退官。京都大学名誉教授に。現在も研究活動を続けながら、森之宮病院と日立製作所基礎研究所の顧問、国際医学技術専門学校の副校長を兼任。著書に『脳を良くする小さな習慣』(アスキー)『衰えない脳は14日でつくれる』(大和書房)ほか。

しっかりおなかを空かせてから食べることがポイント

 おいしいものを食べて脳の働きがよくなるなんて、食べることが大好きな人にとっては、まさに“おいしい方法”です。ただし、のべつ幕なしにおいしいものを食べていればいいわけではありません。大事なのは、空腹感をしっかり感じてから食べるということ。間食はやめて、3食をきちんととることが基本です。

 というのも、空腹感を感じるときに胃からグレリンというホルモンが出てきます。グレリンは、視床下部に働いてエネルギー代謝活動を盛んにすることがわかっていましたが、近年、中脳皮質ドーパミン系のシステムもよく働かせることがわかってきました。逆に、おなかが空かないのに食べても中脳皮質ドーパミン系のシステムは働きません。脳力アップのためには、「おなかが空いてから食べる」ことが大事というわけです。

 実は、おいしいものを食べる以外でも、ドーパミンを出して脳の働きをよくする方法があります。他人からほめられる、達成感を味わう、お金を受け取るなど、快感や満足感を味わうことです。また、本を読んだり映画をみて感動することも、ドーパミンを分泌させます。そのような経験を頻繁にできるよう努力すれば、さらに脳力をアップさせることができます。

 ただし、日常生活のなかで常に快感や感動を得ることは、なかなか難しいのが現状です。そのため、「おいしいものを食べる」という、いちばん手軽な方法を上手にいかして、脳力を高めるのが最も効率的な方法といえます。

 おいしいものは、自分が「おいしい」と感じるものであれば、なんでも結構です。ただ、ジャンクフードやお菓子など、栄養的に問題があるものは、できるだけ避けたほうが、体にとっては賢明です。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る