中国メディアは何を報じているか

2013年10月31日

»著者プロフィール
著者
閉じる

佐々木智弘 (ささき・のりひろ)

防衛大学校人文社会科学群国際関係学科准教授

1994年慶應義塾大学大学院前期博士課程修了。日本貿易振興機構アジア経済研究所東アジア研究グループ長を経て、2014年2月から現職。共著に『習近平政権の中国』(アジア経済研究所)、『現代中国政治外交の原点』(慶應義塾大学出版会)。

「周辺外交工作を立派に行う」

 冒頭の『人民日報』の記事に戻る。記事は、習近平の発言をどう伝えたのだろうか。

 習近平は「周辺外交工作を立派に行うこと」について次のように説明した。

「『二つの百年』の奮闘目標の実現、中華民族の偉大な復興という中国夢の実現に必要である。さらに有為に周辺外交を推進することに奮闘し、わが国の発展にために良好な周辺環境を勝ち取ることで、わが国の発展がさらに多く周辺諸国に恩恵を施し、共同発展を実現する」

 そして周辺外交に対する基本的な考えを次のようにした。

「わが国の周辺外交の基本方針は、近隣国と親しくし、近隣国をパートナーとする方針を堅持し、善隣、近隣と安定的であり、近隣と豊かになることを堅持し、『親・誠・恵・容』の理念を際立たせることである」

「新たな情勢下での周辺外交工作は、戦略的高度から問題を分析、処理し、全局を舵取りし、統一的に計画を練り、実施の能力を操作し、全面的に周辺外交を推進しなければならない」

 そして力を入れることとして次の3つを挙げた。

(1)相互利益、ウィンウィンの枠組みを深める
インフラの相互聯通を加速させ、シルクロード経済ベルト、21世紀海上シルクロードを立派に建設する。周辺を基礎とし、自由貿易区戦略の実施を速め、貿易、投資協力の空間を拡大し、地域経済一体化の新たな枠組みを構築する。たえず地域金融協力を深め、積極的にアジアインフラ投資銀行を設立し、地域金融セーフティーネットを完成させる。沿海辺疆地域の開放を加速し、沿海辺疆の省区と周辺国家の相互利益協力を深める

(2)地域安全協力を推進する
わが国と周辺国家は隣接しているので、安全協力の展開は共同の必要である。相互信頼、相互利益、平等、協力という新安全観を堅持し、全面的安全、共同安全、協力安全の理念を提唱し、周辺国家との安全協力を推進し、地域と次の地域の安全協力に主導的に参加し、関連の協力メカニズムを深め、戦略的相互信頼を増進する

(3)周辺国家に対する宣伝工作、公共外交、民間外交、人文交流を強化し、わが国と周辺国家の関係の長期的発展の社会と民意の基礎を強化、拡大させる

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る