社食がないのは理由がある
中野の街に本社を置く
キリンのマルチスペース「Nagomi」


小川たまか (おがわ・たまか)  ライター・プレスラボ取締役

1980年東京生まれ。編集プロダクション・プレスラボ取締役。教育、働き方、性暴力などを取材。Yahoo!個人でも執筆。Twitter:@ogawatam

社食に企業の想いあり

安くて気軽に利用できる、会社員の味方「社員食堂」。からだに優しい食材にこだわったり、自社製品を使用したメニューを提供したり、社食にはそれぞれの企業の工夫が凝らされている。その工夫は、自社の社員や社会全体に向けられたメッセージではないだろうか。社食を通じて表現したい企業の「想い」を紹介する。

»最新記事一覧へ

JR中央線中野駅の北口を出ると、正面には商店街。左手は開けていて、大学やオフィス街につながる道路と歩道橋がある。人通りが多く、学生や主婦、近隣住民らしき人やビジネスパーソンまで、老若男女さまざまな人たちが歩いている。中野サンプラザと中野区役所の前を通り抜けたところにある中野セントラルパークは2012年5月末に竣工。低層階にはショップやレストランが入り、高層階はオフィスとなっている。1万人以上が働くというセントラルパークの南館に、キリンホールディングスの本社はある。

「Nagomi」からは
富士山、スカイツリーも見える

 キリンホールディングスが本社を中野に移したのは昨夏。それまでは原宿に本社ビルを置き、グループ会社15社も八丁堀、渋谷、広尾などそれぞれに拠点を持っていた。これらを一箇所に統合するための場所に選んだのが中野だった。

 今回の「社食取材」は、いつもと少し違う。そもそもキリンホールディングスには「社員食堂」という名前の場所はない。社員が食事をする場所は、マルチスペース「Nagomi」と名付けられている。弁当販売はあるが、厨房はなく、いわゆる「社食メニュー」は存在しない。その理由は後述するとして、まずはNagomiがどんな場所かを説明しよう。

18階にあるNagomiからの景色は抜群

 18階にあるNagomi。周囲に高層ビルが少ないこともあって南向きの窓からの見晴らしは良く、晴れていれば富士山やスカイツリーが見えることもあるという。約1500坪のフロアには黄・青・緑、3色の椅子が囲む白いテーブル、1人用のカウンター席、ソファ席。無線LANが備えられ、キリンのアルコール商品が並ぶバーカウンターやプロジェクターも。「マルチスペース」という名の通り、昼食の場、研修や会議、勉強会、個人的なワーク、プレゼンテーション、宴会までさまざまな用途に使われている。

 「どこにも境を作らないで、校庭の賑わいを作りたいというイメージでした」と話すのはグループ本社移転プロジェクト・プロジェクトリーダーの井上宏さん。

カラフルな3色の椅子が印象的
1
nextpage
このエントリーをはてなブックマークに追加
 
「社食に企業の想いあり」

著者

小川たまか(おがわ・たまか)

ライター・プレスラボ取締役

1980年東京生まれ。編集プロダクション・プレスラボ取締役。教育、働き方、性暴力などを取材。Yahoo!個人でも執筆。Twitter:@ogawatam

WEDGE Infinity S
ウェッジからのご案内

Wedge、ひととき、書籍のご案内はこちらからどうぞ。

  • WEDGE
  • ひととき
  • ウェッジの書籍