地域再生のキーワード

2015年4月6日

»著者プロフィール
閉じる

磯山友幸 (いそやま・ともゆき)

経済ジャーナリスト

1962年東京生まれ。1987年早稲田大学政治経済学部卒業。日本経済新聞で証券部記者、同部次長、チューリヒ支局長、フランクフルト支局長、「日経ビジネス」副編集長・編集委員などを務め、2011年3月末で退社、独立。現在、経済政策を中心に政・財・官を幅広く取材、各種メディアに執筆するほか、講演やテレビ出演、勉強会の主宰など幅広く活躍している。オフィシャルHP(http://isoyamatomoyuki.com/)

著書に『2022年、「働き方」はこうなる』(PHPビジネス新書)、『理と情の狭間 大塚家具から考えるコーポレートガバナンス』(日経BP)、『国際会計基準戦争 完結編』(日系BP)、『ブランド王国スイスの秘密』(日経BP)など。共著に『オリンパス症候群 自壊する「日本型」株式会社』(平凡社)、『株主の反乱』(日本経済新聞社)などがある。

早稲田大学政治経済学術院(大学院)非常勤講師、上智大学非常勤講師。ボーイスカウト日本連盟理事。静岡県ふじのくにづくりリーディングアドバイザーも務める。

日経ビジネスオンライン(日経BP)、現代ビジネス(講談社)、フォーサイト(新潮社)、月刊 WEDGE(ウェッジ)、月刊 エルネオス(エルネオス出版)、フジサンケイビジネスアイ(産経新聞社)などに連載コラムなどを持ち、定期執筆している。

 広場には6棟の建物が建ち、ブース形式に区切られた店舗で組合員がそれぞれに仕入れてきた品物を売る。6棟のうち3棟は、カナダ政府の援助でできた。残りの3棟は協同組合が助成金を原資に自前で建てた。復興ブームによる建築価格の上昇で、組合も8000万円の借金を背負った。

 そんな、リスクを取って復活させた朝市に、地域の人たちの支持が集まった。13年秋のグランドオープンには1万7000人が詰めかけたのだ。メディアにたくさん取り上げられたことも宣伝になった。

 震災前に51人だった組合員は震災直後には31人まで減った。被災して廃業に追い込まれる人が出たのだ。だが、その後、朝市の活況とともに、新しい仲間が加わった。現在では組合員は48人だ。

 「店によってばらつきはあるが、震災前の1.5倍から2倍の売り上げになった」と櫻井さんは語る。昨年12月には年末市を開催したが、4日間で600万円以上を売り上げた店もあったという。大成功を収めているのだ。

 「せっかく来てもらうのだから楽しめる場所にしないと」と語る櫻井さんは、次々にアイデアを実現させてきた。

 すっかり人気イベントとして定着したのが「競り市」だ。

競り市の様子

 「3000円の新巻サケ2人限り、1500円!」

 そんな櫻井さんの掛け声に、集まった客が番号が書かれたウチワを一斉に挙げる。

 「はい34番と56番」

 番号が呼ばれれば商い成立だ。各店が出品した目玉商品がほぼ半値で売れていく。

関連記事

新着記事

»もっと見る