WEDGE REPORT

2016年1月9日

»著者プロフィール
閉じる

ジョン太郎 (じょん・たろう)

現役金融マン

大手銀行入社後、日系・外資系の様々な金融機関で、商品開発や戦略企画などの要職に就く。投資信託や不動産ファンド、ヘッジファンド、機関投資家の自己資金運用など様々な分野で投資・運用ビジネスに携わり、株式・債券・為替・REIT・不動産・コモディティ・デリバティブ等、多種多様な金融商品に精通。2005年より、ブログ「ジョン太郎とヴィヴィ子のお金の話」を開設。投資・運用・金融・経済など、お金にまつわる様々なトピックをわかりやすく親しみやすい言葉で解説し、人気を博している。近著に「外資系金融マンがわが子に教えたい「お金」と「投資」の本当の話」。そのほか、マネックス証券の「マネックスラウンジ」にてコラム「お金の相談室」連載中。著書に「ど素人が読める決算書の本 第2版」「ど素人がはじめる投資信託の本」(いずれも翔泳社)がある。http://jovivi.seesaa.net/

 

 そして、前述のようにこのサーキットブレーカー制度が8日に停止され、人民元が切り上げられたことで市場は落ち着きを取り戻し、中国株市場は上昇、日本を除くアジア株市場も軒並み値を上げた。日本株市場も取引時間中は値を上げていたが、引けにかけて下げた。日本株が他市場と異なる動きを見せたことには日本の特殊事情があった。

投資家心理は引き続き悪いまま

 中東での地政学リスクが懸念されていたところに、北朝鮮の水爆実験成功の報道があった。真偽のほどは別にしても、リスクオフムード一色の中で日本株市場に対する投資家心理を悪化させるには充分なインパクトがあった。更にはリスクオフの流れの中で進んだ円高も日本企業の業績悪化を懸念させた。こうした要因により、他のアジア市場が値を上げた8日の市場でも日本株市場は26年ぶりとなる年初から5日連続となる下落で取引を終えた。

 投資家心理は引き続き悪いままだ。当面こうした状況は続くだろう。警戒感が強い中で良いニュースに対する反応は薄く、悪いニュースには過敏に反応する展開が予想される。今年は年後半に米国大統領選挙も控え、様子見ムードも広がりやすい。特に年前半は神経質でボラティリティの大きな相場が続くと考える。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る