今月の旅指南

2010年3月29日

»著者プロフィール
閉じる

辻 一子 (つじ・いちこ)

岡山県生まれ。フリーライター。旅行会社のPR誌の編集者を経て、1998年からフリーランスに。旅の雑誌を中心に活躍。

坂本龍馬像
オリジナルガラス板写真(部分) 慶応2(1866)年
高知県立歴史民俗資料館所蔵 4/27~29の3日間限定公開

 坂本龍馬33年の生涯を、三菱財閥の創始者である岩崎弥太郎の視点で描いたNHK大河ドラマ「龍馬伝」が反響を呼んでいる。シンガー・ソングライターで俳優の福山雅治が演じる龍馬は、軽やかで可愛さがあり、新たな龍馬ファンを増やしているにちがいない。

 江戸東京博物館の「特別展 龍馬伝」は、そんな話題のドラマの放送と連動して行われるもので、龍馬の出身地、高知や終焉の地、京都などに伝わる遺品や書簡類、幕末の動乱を伝える歴史資料などが一堂に公開される。

 展覧会の見どころの1つは、無類の筆まめ として知られる龍馬直筆の手紙類だ。「日本を今一度せんたくいたし申候」という文言で有名な、姉の乙女に宛てた手紙には、幕府の腐敗を嘆き、理想の国家を創ろうとした龍馬の高い志がしたためられている。書や文章には人となりが表れるというが、彼の手紙には大らかさや茶目っ気、人を説得する力や、周りの人々への気遣いなどが溢れていて、とても魅力的だ。

 会場には、龍馬と中岡慎太郎が殺害された、京都河原町「近江屋」の客室も実物大で再現されている。歴史に「もしも」はあり得ないが、この部屋の前に立つと、「龍馬が生きていたら日本はどうなっていただろう」と思わずにはいられない。

 
 
 
 

2010年NHK大河ドラマ特別展 龍馬伝
〈会期〉2010年4月27日~6月6日
〈会場〉東京都墨田区・江戸東京博物館(総武線両国駅下車)
〈問〉03(3626)9974
http://www.edo-tokyo-museum.or.jp/

◆ 「ひととき」2010年4月号より


 

 


 

「WEDGE Infinity」のメルマガを受け取る(=isMedia会員登録)
週に一度、「最新記事」や「編集部のおすすめ記事」等、旬な情報をお届けいたします。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る