定年バックパッカー海外放浪記

2017年5月7日

»著者プロフィール
閉じる

高野凌 (たかの りょう)

定年バックパッカー

1953年生まれの62歳。横浜生まれ、神奈川県出身。大学卒業後は商社、メーカー勤務を経て2013年定年退職。2014年春から海外放浪生活を始める。放浪歴は地中海、韓国、インドシナ半島、インドネシア、サンチアゴ巡礼など。サラリーマン時代は主として海外業務に従事。ニューヨーク、テヘラン、北京にて海外駐在を経験。身長170センチ、57キロ。獅子座。A型。現在2人のご子息は独立し、夫人との2人暮らし。孫1人。

北朝鮮戦争は米ソが作り出したもので韓国民には何の関係もない

 「米ソ冷戦のなかでソ連が画策して中国が後押しして朝鮮戦争となった。米国は絶好の機会とばかりに参戦。日本も米国に追従した。すなわち韓国国民も朝鮮国民も関係ない大国の利害が原因だ」とキューちゃんは強調。

1人当たりの1日のノルマは80キログラム。超過達成すればボーナスがもらえる

 「韓国人は被害者なので積極的に北朝鮮危機に関与する必要も義務も一切ないわ」とプリアは顔を紅潮させた。キューちゃんは「そもそも日本が朝鮮半島を不法軍事占領して収奪して国力を疲弊したことが原因で独立後も十分な国家体制を確立できなかったことが朝鮮戦争の本当の原因ですよ。」と止まらない。

国内政局のほうが北朝鮮問題よりも深刻で喫緊の課題

 チェリ君は「セウォル号事件発生時における朴槿恵の空白の時間の問題の解明のほうが韓国民には重大ですよ。そしてサムソンなどの財閥との癒着を徹底的に追及してパククネを一生刑務所で反省させることこそ韓国民が望む正義(justice)ですよ。それに比較すればトランプが仕掛けている朝鮮危機は韓国民には意味がないことですよ」と国民感情を説明。

 これに他の2人も全く同感だと同調。国際情勢を直視せず事大主義に甘んじて国内政局に明け暮れていた19世紀末の李氏朝鮮王朝の末期と国民意識が変わっていないと愕然とした。彼らが若者らしく誠実に真剣に政治問題に関心を持っているのは痛いほど理解できるが、広く国際情勢を見ずに目前の国内政局に固執してしまう背景が理解できなかった。

キャンドル革命は韓国民主主義の偉大なる勝利

150年の伝統を誇るHappy Valley Tea Gardenの製茶工場

 3人が口を揃えたのがキャンドル革命への称賛である。チェリ君は朴槿恵大統領の弾劾(impeachment)が決定したときに感激のあまり泣いたと感情を高揚させる。チェリ君とキューちゃんによると「歴史上最高の指導者は金大中と廬武鉉です。彼らは北朝鮮との関係を改善して国民に民主主義を与えた。朴正熙・全斗煥は国民を弾圧した独裁政治家であり韓国民にとっては暗黒の歴史時代。そして李明博・朴槿恵の二人は全くの無能力者で国家を大混乱に陥れた。」と滔滔と語る。そして2人の見解は10代、20代の若者の意見を代表していると胸を張った。

 金剛山プロジェクトや開城工業団地も失敗に終わり太陽政策は何ら成果を生まなかったことを指摘してもほとんど無反応である。具体的事実関係を確認することなく白黒二元論で政治を断罪してしまう怖さを知らない。

韓国の高齢者層の政治意識レベルが低いのは日本の軍事占領の結果

 朴正熙の強い指導力で韓国は高度経済成長を遂げたと史実を指摘すると「韓国民が優秀だから独裁者の下でも経済発展することができたんですよ。朴正熙がいなければもっと韓国は発展したはずです」と猛反発。さらに「独裁者を許してしまったのは当時の国民の大半が日本支配時代に教育機会を奪われ文盲状態だったからです」と補足。諸悪の根源は日本という論法は韓国人の定番である。ソウル帝大を頂点に寒村部まで初等教育を普及させたのは日本であるが愛国反日歴史教育のおかげで史実を学んでいないので反論しても意味がない。過去を全否定する思考では「歴史から学ぶ」ことはできないのではないかと危惧した。

関連記事

  • PR
  • 新着記事

    »もっと見る