家電の航路

「この人はソニーらしいなと思うような方ってご存知ですか?」と、iモードの生みの親である夏野剛さんに尋ねて教えてもらったのが、前田悟さんだ。 ソニーからJVCケンウッドに移籍していた前田さんを訪ねると、いきなり「AV機器ならぬ、AV危機」について時間を忘れて語ってくれた。 「僕は、30を過ぎて人から仕事をもらったことはない」「やれることはいくらでもある」……、前田さんの言葉に帯びる熱に、いつの間にか浮かされてしまった。 日本の家電業界はこの先どうなるのか? その航路を前田さんに示してもらうことにした。