中島恵の「中国最新トレンド事情」

2018年6月5日

»著者プロフィール
著者
閉じる

中島恵 (なかじま・けい)

ジャーナリスト

1967年山梨県生まれ。新聞記者を経てフリージャーナリスト。主な著書に『中国人エリートは日本人をこう見る』『中国人の誤解 日本人の誤解』(ともに日本経済新聞出版社)、『爆買い後、彼らはどこに向かうのか?』(プレジデント社)、『なぜ中国人は日本のトイレの虜になるのか?』『中国人エリートは日本をめざす』(ともに中央公論新社)、『なぜ中国人は財布を持たないのか』(日本経済新聞出版社)、『中国人富裕層はなぜ「日本の老舗」が好きなのか』(プレジデント社)『日本の「中国人」社会』(日本経済新聞出版社)などがある。

力を入れた結婚アルバム制作

上海の結婚アルバム制作会社のサイト

 二度の結婚式以外に行ったことといえば、結婚アルバムの制作。中国人が結婚アルバムの制作に力を入れているのは日本でも知られているが、2人も同様。アルバム制作会社に依頼して何度も打ち合わせを重ね、あちこちに“ロケ”にも出かけて撮影に臨み、アルバムを作った。劉さんが依頼したというアルバム制作会社のホームページを見てみると、料金は5000元~7000元(約8万5000円~約12万円)くらいだった。ロケ地は上海市内の美しい場所や郊外の観光地などだが、アルバム制作を兼ねた新婚旅行などのコースもあり、バリ島や済州島、ヨーロッパも人気だ。

 劉さん夫婦の結婚式にかかった費用の総額は約30万元(約450万円)。このほかに新婚旅行(15日間のヨーロッパの周遊団体旅行)の費用は2人合わせて約5万元(約85万円)に上ったという。冒頭で紹介したように、「中国人の結婚式」といっても、実に千差万別で「これが平均」というわけではない。だが、日本の総合結婚情報誌『ゼクシィ』のサイトによると、日本の全国平均は約354万円(新婚旅行を含まず)と、私が取材した中国の若い夫婦よりも下回っていた。

 日本でもまだ豪華なハデ婚をする人もあれば、結婚式をしないという人も増えているので一概にはいえない。だが、目まぐるしく変化する中国とはいえ、「親孝行」も兼ねて、結婚式がまだ人生の重要イベントであることは変わらないようだ。

  
▲「WEDGE Infinity」の新着記事などをお届けしています。

関連記事

新着記事

»もっと見る